宝くじ仮想通貨!上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」とは?今さら聞けない基本情報~上場までの全てを公開!|仮想通貨の利点-Quantaの真実

宝くじ仮想通貨!上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」とは?今さら聞けない基本情報~上場までの全てを公開!|仮想通貨の利点-Quantaの真実-

 

今回は、斬新な宝くじ仮想通貨として評判になり上場を果たした仮想通貨「Quanta(クオンタ)」の今さら聞けない基本情報~上場までの全てを公開していきます。

 

※更新日:2018/08/01

 

f:id:while8f_tornado:20180801173235j:plain

 

宝くじ仮想通貨!上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」とは?

 

仮想通貨「Quanta(クオンタ)」とは、イーサリアムのネットワーク上で仮想通貨の宝くじを運営するプロジェクトです。

Quanta(クオンタ)の目的は、改ざんするのが困難なブロックチェーンと、自動で契約ができるスマートコントラクト技術を使い『人間が一切介入しない宝くじの運営』を実現するために開発されたプラットフォームです。

 

 

宝くじ仮想通貨!上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」と従来の紙宝くじを比較

f:id:while8f_tornado:20180312150921j:plain

従来の紙の宝くじの還元率はご存知ですか?

正確は、約46%です。

あらゆるギャンブルの中でもダントツで還元率が低いです。

例えると、1000円の宝くじを購入したら540円は還元されないということです。つまり購入したら540円を捨てていると同じですね。

1等の当選を掴む確率は1千万分の1といわれてるぐらいで、大量に買えば買うほど確率は高くなりますが、元手を回収する確率を考えると、とても割りにあいません。

また宝くじ運営にも人件費がかかっていると、実は日本では、当せん金付証票法という法律で還元率は50%以下にと決められているので還元率が低いんです。

対して仮想通貨「Quanta(クオンタ)」は、宝くじプロトコル「Quanta」 ブロックチェーン技術により大勢の利用者間における取引記録などを分散管理することで信頼性を担保とし、最新技術“スマートコントラクト”をベースに開発されることで、不正や破綻リスクが限りなく排除する“究極の公平”を目的とした、新世代の宝くじプラットフォームです。

要するに、仮想通貨を支えるブロックチェーン、スマートコントラクトなどフィンテック技術を生かした、人間が一切介入せず全自動で行われる宝くじということですね。

気になる仮想通貨「Quanta(クオンタ)」の還元率ですが、なんと当選還元率が85%です。

高い理由は、宝くじ開催に人手がいらない仮想通貨「Quanta(クオンタ)」は無駄な経費が必要なく還元に回すことが出来るようです。

 

宝くじ仮想通貨!上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」仮想通貨詳細

 上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」の仮想通貨詳細について公開していきます。

f:id:while8f_tornado:20180312151030j:plain

 

 

宝くじ仮想通貨!上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」ウォレット

 

上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」のウォレットについて公開していきます。

 

Quanta Wallet (分散型ウォレット)

f:id:while8f_tornado:20171115154243j:plain

Quanta Walletは、暗号化されたウォレットで、ユーザーは安全に仮想通貨を送信、受信、保存できます。

Quanta Walletは完全に無料でダウンロードできます。

 

宝くじ仮想通貨!上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」上場先取引所情報公開

 

上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」の上場先の取引所「Lykke Exchange」「BIT-Z」について詳細を公開していきます。

f:id:while8f_tornado:20180425112126j:plain

上場先取引所「Lykke Exchange」の主な特徴

Lykke Exchangeは、スイスを拠点としている次世代仮想通貨取引所プラットフォームです。

「Peer to Peer」(ピア・ツー・ピア)のシステムを導入しており、所有者との直接取引と即時決済を可能にしています。

様々な仮想通貨の取引が出来るLykkeのプラットフォーム上でやり取りをするには、「Lykkeウォレット」というアプリを使用します。

現在iOSと、Androidのアプリが開発されており、取引する際の手数料が無料のようです。

金融推進国のスイスがあるユーロ圏は法規制が厳しく、その中で誕生したLykkeは、「リスク緩和」を目的として作られました。

厳しい環境で作られたプラットフォームなので信頼性もあり、仮想通貨だけではなく、あらゆる金融資産と連携して合理的に取引を実施できるように設計されているようです。

日本国籍の方はこちらの取引所では購入できません。

 

f:id:while8f_tornado:20180602161758j:plain

上場先の取引所「BIT-Z」の主な特徴
  • 取り扱い通貨数:83種類
  • 通貨ペア BTC建て:74種類
  • ETH建て:41種類
  • DKKT建て:4種類
  • 入出金手数料:無料※出金時は別途取引手数料 メイカー・テイカーともに一律0.1%
  • トレードの種類:現物取引 OTC相対取引
  • アプリ:iOS版、Android

新しく上場する先の「Bit-Z」は2016年に開設され、香港、北京、シンガポールを拠点する中華系の取引所です。

 

宝くじ仮想通貨!上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」公開~上場まで

 

上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」の公開~上場までの全ての情報を公開していきます。

 

  • Quanta宝くじサービスが正式にローンチ
  • 札幌ミートアップの状況報告
  • 日本でのミートアップが終了
  • 世界的に有名なギャンブルのニュースサイトであるCalvinAyreにインタビュー
  • Quanta(クオンタ)初の上場決定 
  • ミートアップ終了報告inロンドン
  • Quanta(クオンタ)5月30日にBit-Zに上場!
  • Quanta公式テレグラムが2万人を突破
  • Quanta in Block Co +東京2018(7月3日)
  • Quanta CROがWGES 2018で講演(7月4日)
  • Quanta CTOがWGES 2018で講演(7月5日)

f:id:while8f_tornado:20180214153432j:plain

Quanta宝くじサービスが正式にローンチ

Quantaは、プロジェクト立ち上げ時からご支持頂いたみなさまに対して、ICE Totally Gaming 2018が開催中である今日(7日)、正式にローンチしたことを誇りを持ってご報告申し上げます。
Quantaは、世界初の法的に認められたブロックチェーンの宝くじサービスとなります。

初期段階においては、テストマーケティングを含めて特定の管轄エリア内にてサービスを開始いたします。新規顧客向けのKYC登録は7日からスタートしました。

ICE2018の会場内で、公式ローンチのセレモニーを同日13時に実施しました。弊社幹部は、国内外からの参加者ならびにサポーターに対して、この場で感謝の意をお伝えすることができました。

「この公式ローンチにたどり着くまでほんとうに長い道のりでした。私たちは、公式なゲームライセンスである英・マン島のGambling Supervision Commission (IOM GSC)を取得しました。
加えて、世界初の法令に準拠した宝くじシステムの構築を目指すため、NMi認証を得ることができました。QuantaはIOM AML/CTF規制に完全に準拠しています。
これが私たちが何よりも誇りに思っていることです」(アダム ヴァジリ CRO)

「今日は私たちのチーム全員がプライドを持つべき特別な日です。Quantaは、ギャンブリングライセンスを取得することができました。
そして、優秀なスタッフ、サポーター、それからブロックチェーンの宝くじシステムを開発したエンジニアが互いに支え合っています。
私はこのプロジェクトメンバーの一員であることが大変嬉しいです。Quantaの次なる展開をさらに期待しています」(スティーブン・オーモンド・スミス CFO)

私たちは、Quantaプロジェクトの開始から今日この瞬間までサポートいただいた皆様に対して、あらためて感謝いたします。

f:id:while8f_tornado:20180316180117j:plain

 札幌ミートアップの状況報告

Quanta Management Teamは、2018年2月22日に札幌でミーティングのラウンドを開始しました。

日本では、札幌で一連の集会が始まりました。 Quanta Management Teamは、名古屋、大阪、福岡、東京でそれぞれ会合を開催します。

このツアーの開始時に、札幌ミートアップではクアンタの技術とその事業に強い関心を持っていた人でいっぱいでした。

QuantaのCRO Adamは、Quantaに関する最新のアップデートや、公式発表までのQuantaの重要なベンチマークについての講演を行いました。

Quanta CTOのKostasは、業界をリードする宝くじ会社であるIntralotでの28年間の経験を共有しました。 その後、KostasはQuantaの今後の計画について話しました。

Quanta Management Teamは札幌の後、名古屋に向かいます。
Quanta Management Teamは日本でQuantaの支持者を見ることに興奮しています。

f:id:while8f_tornado:20180328094710j:plain

 
日本でのミートアップが終了

The Quanta management team has just wrapped up its first major series of appearances in Japan.

Quanta CRO Adam Vaziri andi CTO Konstantinos Farris travelled to Sapporo, Nagoya, Osaka, Fukuoka, and Tokyo, meeting with the Quanta community.

Turnout was massive - the team met with more than 600 supporters, and the audience numbered 200 individuals at the Tokyo meetup.

CTO Kostas discussed Quanta’s winning combination of market-leading technical innovations and experienced leadership. With three decades of experience in the industry, Farris knows success when he sees it.

CRO Adam clearly elucidated Quanta’s approach to development: to work within the confines of regulation to make something incredible. Necessity is the mother of invention, after all!

The marketing team put everything into context, and updated the community on Quanta’s entry into the market.

 

下記直訳文。

Quantaのマネジメントチームは、日本で最初の主要なミートアップを終えたところです。Quanta CRO Adam Vaziri andi CTO Konstantinos Farrisは、札幌、名古屋、大阪、福岡、東京を旅し、Quantaコミュニティの人たちと会いました。大盛況だった チームは600人以上の支持者と会い、東京の会合では200人の観客を獲得しました。CTO Kostasは、市場をリードする技術革新と経験豊富なリーダーシップのコンペティションについて話し合った。 業界で30年の経験を持つFarrisは、それを見て彼が成功したことを知っています。CRO Adamは、Quantaの開発アプローチを明確に説明しました。規制の枠内で何かを信じられないように働かせることです。 結局のところ、発明の母親は必然です!マーケティングチームはすべてを文脈に置き、Quantaが市場に参入した際にコミュニティを更新しました。

 

世界的に有名なギャンブルのニュースサイトであるCalvinAyreにインタビュー

Last week, Quanta was pleased to get featured on CalvinAyre – a premier news site covering the global gambling industry. In the article, Nick Wright, Quanta’s Operation Manager, shared his view on how blockchain technology is a disruptive force and will become an integral part of the gaming industry in the next 5-10 years and how Quanta is taking advantage of this opportunity to create a transparent, autonomous, borderless and manipulation-proof gaming experience. Nick also explained Quanta’s plan to educate the gaming industry on why blockchain is so disruptive by participating in the world’s leading blockchain and gaming events and organizing meetups to connect with industry’s key players.

下記翻訳

Quantaが、世界的に有名なギャンブルのニュースサイトであるCalvinAyreにインタビューされました!

インタビューでは、QuantaのオペレーションマネージャーであるNick Wright氏が、ブロックチェーン技術がどのように破壊的な力になっているのかを共有し、今後5〜10年でゲーム業界の不可欠な部分となり、Quantaがこの機会を活用して 透明性、自律性、ボーダレス、操作性に優れたゲーム体験を提供します。
ニックは、世界をリードするブロックチェーン技術をゲームイベントに参加し、ミートアップを組織して業界の主要プレーヤーと接続することで、ブロックチェーンがなぜ破壊的なのかについてゲーム業界に教育する計画を説明したとのことです。

 

Quanta(クオンタ)初の上場決定 

Lykke to list Quanta Network Token Utility (QNTU) on the Lykke Exchange

Zurich, Switzerland | April 2nd, 2018 — Lykke, a FinTech company building a regulated, blockchain-based global marketplace, and Quanta, an Ethereum-based project to increase the transparency of lotteries via its regulated lottery product, will add the Quanta Network Token Utility (QNTU) to the list of tradable assets on the Lykke Exchange.

“We are happy to welcome QNTU to the Lykke Exchange,” said Richard Olsen, Lykke founder and CEO. “This listing will give our community even more opportunities for investing and trading—in this case in the gambling industry.”

“Listing on the Lykke Exchange is a big step for Quanta after the launch of our first product in February this year,” said Steven Ormond-Smith, Chief Financial Officer at Quanta. “It means that people will be able to buy QNTU through the Lykke Wallet on their mobile device with a credit card in seconds.“

QNTU token trading on the Lykke Exchange is expected to begin on May 16, 2018.

About Lykke Group
Lykke is a multinational Swiss-based Fintech company building a global marketplace for the low- friction exchange of financial assets. Lykke’s mission is to democratize finance by leveraging the power of exponential technologies, including the blockchain; eliminating market inefficiencies; promoting equal access to financial markets from anywhere in the world; and supporting the trade of any object of value.
For more information, visit https://lykke.com.

About Quanta
Quanta is a blockchain-based project, utilizing smart contracts in order to ensure fully transparent background in lotteries. With the implementation of numerical algorithms (namely Random Number Generation), Quanta minimize the opportunity of cheating and manipulation in gambling. As a result, such approach will reduce the stigmatization of lotteries and increase the confidence amongst potential players. The lottery under Quanta is not only fully safe and reliable, but also easily accessible worldwide.
For more information on QNTU, visit https://quantaplc.im or www.myquanta.im for Quanta’s lottery product.


This agreement will make QNTU tokens available for buy and sell orders on the trading venue of Lykke Netherlands B.V., which carries a number of tokens and cryptocurrencies. Investors from a wide range of jurisdictions can access the Lykke NL trading venue through the free Lykke Wallet app for iOS and Android.

 

以下直訳文。

 

Lykke、Lykke Exchange上のQuanta Network Token Utility(QNTU)を一覧表示する

スイスのチューリッヒ| 2018年4月2日 - 規制されたブロックチェーンベースのグローバルマーケットを構築するFinTech社のLykkeと規制された宝くじ製品を通じて宝くじの透明性を高めるEthereumベースのプロジェクトであるQuantaが、Quanta Network Token Utility(QNTU) Lykke取引所上の取引可能資産のリストに追加する。

Lykkeの創設者兼CEOであるRichard Olsenは次のように述べています。「Lykke ExchangeにQNTUを歓迎します。 「このリスティングでは、ギャンブル業界において、投資と取引の機会がコミュニティにさらに広がります。

Quantaのチーフ・ファイナンシャル・オフィサー、スティーブン・オーモンド・スミス氏は、「リケ・エクスチェンジのリスティングは、今年2月に最初の製品を発売した後、クオンタにとって大きな一歩です。これは、人々が数秒でクレジットカードで携帯端末でLykke Walletを通じてQNTUを購入できることを意味します。

Lykke取引所でのQNTUトークン取引は、2018年5月16日に開始される予定です。

Lykke Groupについて
Lykkeは金融資産の低摩擦交換のためのグローバル市場を構築するスイスに本拠を置く多国籍企業Fintechです。 Lykkeの使命は、ブロックチェーンを含む指数関数の力を活用して財政を民主化することです。市場の非効率性を排除する。世界のどこからでも金融市場への平等なアクセスを促進する。あらゆる価値のある商品の取引をサポートすることです。
詳細については、https://lykke.comをご覧ください。

Quantaについて
Quantaはブロックチェーンをベースにしたプロジェクトで、宝くじの背景を完全に透明にするためにスマートな契約を活用しています。数値アルゴリズム(すなわち乱数生成)の実装により、Quantaはギャンブルにおける不正行為および操作の機会を最小限に抑えます。結果として、そのようなアプローチは、宝くじの乱用を減らし、潜在的なプレーヤーの間の信頼を高めるでしょう。 Quantaの宝くじは完全に安全で信頼できるだけでなく、世界中に簡単にアクセスできます。
QNTUの詳細については、Quantaの宝くじ商品についてhttps://quantaplc.imまたはwww.myquanta.imをご覧ください。


この契約により、QNTUトークンは、多数のトークンと暗号化された通貨を運ぶLykke Netherlands B.V.の取引所での売買注文に利用できるようになります。さまざまな地域の投資家が、Lykke NLの取引会場に、iOSAndroid用の無料のLykkeウォレットアプリを通じてアクセスできます。

f:id:while8f_tornado:20180522093245j:plain

 ミートアップ終了報告inロンドン

20日にロンドンでQuantaのミートアップが、プロダクト・ローンチしたばかりのBlockpassや、AMLの大手Coinfirmらと共同で開催されました。
眼下にロンドンの歴史的建造物Tower of Londonを見下ろす素敵な会場で、カジュアルなミートアップとなりましたが、会場には大変多くの人が集まっていました。
Quantaは、ビジネス・ローンチまでの開発やライセンス取得の話などを中心に話しました。今後、世界中を回るQuantaのワールド・ツアー日程も少しアップデートされ、5月は韓国や台湾、シンガポール、タイなどのアジアを周遊するとの日程も共有されました。
レギュレーションに則って開発され、プロダクト・ローンチを達成したとあって、会場からも大きな拍手で迎えられていました。日本にもまた来て、ミートアップ開いてほしいですね

Quanta(クオンタ)5月30日にBit-Zに上場!

QNTU will be listed on Bit-Z exchange on 30th May 2018. Bit-Z will be the second global digital currency trading platform that lists QNTU as a tradable asset.

In terms of security, Bit-Z adopts a bank-level SSL technology which is par with bank security system, ensuring the privacy of any transactions you make within the exchange. Also, GSLB with distributed servers is employed that guarantees the stability of the platform.

Bit-Z is one of the leading exchanges for trading digital assets in Hong Kong. Ranked among top 15 exchanges in the world, daily trade volume of Bit-Z exceeds 230 million USD according to CoinMarketCap.

For further info, please visit us at https://www.quanta.im/qntu-listed-bit-z/

 

上記の文を翻訳したものが下記になります。

QNTUは2018年5月30日にBit-Z取引所に上場される予定です。Bit-Zは、QNTUを取引可能資産として挙げる第2のグローバルデジタル通貨取引プラットフォームになります。

Bit-Zは、ほとんどの仮想通貨取引所と同様の、オンラインの仮想通貨取引プラットフォームです。

Bit-Zは、香港の仮想通貨を取引する主要な取引所の1つです。

セキュリティの観点から、Bit-Zは、銀行セキュリティシステムと同等の銀行レベルのSSL技術を採用しており、取引所内での取引のプライバシーを確保しています。 また、プラットフォームの安定性を保証する分散サーバを搭載したGSLBも採用されています。

世界で上位15の取引所にランクインしているBit-Zの日々の取引量は、CoinMarketCapによると230百万ドルを超えています。

詳細は、こちらをご覧ください。

https://www.quanta.im/qntu-listed-bit-z/

 Quanta公式テレグラムが2万人を突破

THANK YOU! We Reached 20,000 Members On Telegram.

Dear Quanta members!

We reached an important milestone of 20,000 members using Quanta’s official Telegram channel. We would like to take a moment to thank everyone who has followed us on Telegram.

Since the first day of our channel, the number of followers has impressively increased from a few members to a nation of fans. During this period, Quanta has made key achievements including Quanta Official Launch, Quanta World Tour series, and QNTU to be listed on Lykke. At the end of this month, Bit-Z, a Hong Kong based cryptocurrency exchange, will also list QNTU.

Our journey so far has been an amazing ride and you all are a part of this story. In the future, Quanta will continue the World Tour series around 30 countries and is looking forward to creating new great milestones in Quanta’s development. We hope to continue receiving your support for our upcoming projects. We will keep posting Quanta updates in this channel.

Once again, thank you for your continued support and have a nice day!

引用元:Quanta公式テレグラム

 

下記翻訳文。

 

ありがとうございました!私たちは電報で20,000人のメンバーに達しました。

親愛なるQuantaメンバー!

Quantaの公式Telegramチャンネルを使用して2万人の重要なマイルストーンに達しました。テレグラムに従ってくださった皆様に感謝の意を表します。

私たちのチャンネルの最初の日以来、少数のメンバーからファンの国まで、信者の数が圧倒的に増加しました。この間、Quantaは、Quanta Official Launch、Quanta World Tourシリーズ、QNTUをLykkeに掲載するなど、重要な成果を上げました。今月末には、香港を拠点とする暗号化交換であるBit-ZにもQNTUが掲載される予定です。

これまでの私たちの旅はすばらしかったです。皆さんはこの話の一部です。将来的には、Quantaは世界30カ国を超えるWorld Tourシリーズを継続し、Quantaの開発において新たな偉大なマイルストーンを創り出すことを楽しみにしています。今後のプロジェクトのサポートを引き続き受けたいと考えています。 Quantaのアップデートをこのチャンネルに投稿し続けます。

もう一度、あなたの継続的なサポートに感謝し、良い一日を!

 

f:id:while8f_tornado:20180801173113j:plain

Quanta in Block Co +東京2018(7月3日)

ショーゴのマーケティングディレクター、Quanta Lotteryと最近のQuantaのアップデートについて、東京の大勢の読者の前で講演
https://bit.ly/2lQGFTr

Quanta in Block Co+ Tokyo 2018 (July 3)
Marketing Director, Shogo spoke on Quanta Lottery and the recent update of Quanta in front of crowded audiences in Tokyo, Japan
https://bit.ly/2lQGFTr

f:id:while8f_tornado:20180801173142j:plain

 Quanta CROがWGES 2018で講演(7月4日)

クオンタのCRO、スペイン、バルセロナのWGES 2018での規制面での成果を詳述

Quanta CRO speaks in WGES 2018 (July 4)
Adam, CRO of Quanta, elaborated on Quanta’s achievement from the regulatory perspective at WGES 2018 in Barcelona, Spain

f:id:while8f_tornado:20180801173203j:plain

Quanta CTOがWGES 2018で講演(7月5日)

Quanta CTOのKostasは、スペインバルセロナのWGES 2018で講演に招待されました。

Quanta CTO speaks in WGES 2018 (July 5)
Kostas, CTO of Quanta, was invited to speak at WGES 2018 in Barcelona, Spain.

 

宝くじ仮想通貨!上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」情報収集オススメ

 

上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」の情報収集はこちらの記事でもできますが、Quanta公式テレグラムで情報を集めるのもおすすめです!

Quanta公式テレグラムはこちら

t.me

 

 

宝くじ仮想通貨!上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」まとめ

f:id:while8f_tornado:20171121232303j:plain

今回は、斬新な宝くじ仮想通貨として評判になり上場を果たした仮想通貨「Quanta(クオンタ)」の今さら聞けない基本情報~上場までの全てを公開していきました。

Quanta(クオンタ)の全てなので長くなりましたが、この記事を最後まで読んだ方には仮想通貨「Quanta(クオンタ)」についてかなり理解していただけたかと思います。

仮想通貨「Quanta(クオンタ)」は既に上場している仮想通貨ですが、まだまだ伸びしろのある仮想通貨なのでオススメです。

気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

上場した仮想通貨「Quanta(クオンタ)」の最新情報は公開され次第追記していきます。

 

人工知能でトレードとマイニング!?話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の最新情報!CTOのインタビュー紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

人工知能でトレードとマイニング!?話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の最新情報!CTOのインタビュー紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

 

今回は、話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」のCTOがベンチャータイムスよりインタビューを受けていたのでご紹介していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20180725145035j:plain

話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」とは?ホワイトペーパー概要

 

仮想通貨は、取引所での売買以外にマイニングを実施することによっても、通貨を手に入れることが可能です。
ですが、FXなどの市場に比べて、まだ不安定で、価格差やボラティリティ(価格変動)が大きく異なる場合が多々あります。
このように、従来の投資に比べ仮想通貨は、非常に自由度が高いですが、それを管理しているのは人なので、折角の投資チャンスを逃したり、場合によっては失敗もあり得ます。

このような問題を、AI(人工知能)を使用して、解決しようというプロジェクトが「hashberry(ハッシュベリー)」で、その通貨名が「HBY COIN(HBY コイン)」です。

hashberry(ハッシュベリー)についての動画はこちら

youtu.be

こちらの記事にも詳細が記載されています。

quanta-token.hatenablog.com

 

話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」CTO紹介

 

ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」のCTOを務めるVarin氏をご紹介します。

f:id:while8f_tornado:20180801144814j:plain

Varin Narula
Founder & CTO, The Author of Whitepaper

 

Varin Narula氏は、世界最高とも言える数学と物理学のスコアと共に、若い時からアジアで高く評価されてきた天才プロテーゼ(被保護者)の一人である。

 

 

話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」最新情報

 

ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」のCTO「Varin氏」が「hashberry(ハッシュベリー)が誕生した理由」などベンチャータイムスよりインタビューを受けていたので一部を引用して紹介していきます。

 

  • 取引からマイニングまで、AIを活用した複合型自動取引プラットフォームHasyberryのCTOが語る仮想通貨の未来とは?

f:id:while8f_tornado:20180801144837j:plain

Hashberryが誕生した理由とは

 

ベンチャータイムス】:ハッシュベリープロジェクトはいつ誕生したのでしょうか?

【Varin氏】:
ハッシュベリーは、CEOのSonyと話をしている中で思いつきました。ブロックチェーンとAIを掛け合わせて、何かできることがあるのではないかというところからブレインストーミングを行い、いくつもプロトタイプを作成し、試行錯誤を繰り返しました。

ベンチャータイムス】:ハッシュベリープロジェクトを始めた理由は何でしょうか?

【Varin氏】:
実際に取引所で仮想通貨をトレードしていた際に思ったこととして、自動で運用できれば効率もいいしそれで利益も出れば多くの人に受け入れられると思ったのです。また、当時からSonyとも自動運用ロボットを作れないかという話をしていて、自動取引を試した時に可能性を感じたのが発端です。

 

f:id:while8f_tornado:20180801144924j:plain

Hashberryが生み出したいAI×ブロックチェーンの技術とは

 

ベンチャータイムス】:AIとブロックチェーンを掛け合わせて、どのようなソリューションを生み出そうとしているのですか?

【Varin氏】:
AIは現在主流の技術となっています。おそらくこれからAIは様々なニーズにマッチすると考えています。ただ、私たちの場合はそれをシンプルな形に落とし込み、誰もが簡単に使用できるようにしたいと考えています。
最初に作るトレードロボットは単純ですが、データが蓄積されることで賢くなります。現状はシンプルなロボットで十分で、私の指示に従って全ての仮想通貨取引所でプライスチャートを比較し、同時に売り買いができれば良いです。
そういったロボットを制作することが最初のステップとなり、賢いトレードロボットへと成長させます。
第二ステップでは、トレードロボットを使用してデータの収集を行い、学習させます。そうすることでロボット自体が、どの取引所でどのように仮想通貨を取引するのか自分で判断することができるようになるのです。

ベンチャータイムス】:それはつまりディープラーニングのようなものですよね?

【Varin氏】:そうです。ブロックチェーン上で取引所のデータを回収し、学ばせることができます。

 

 

Hash berryが解決する未来とは

 

ベンチャータイムス】:Hashberryプロジェクトで一番重要なことは何でしょうか?ハッシュベリーで提供したいソリューションとは?

【Varin氏】:
トレードは一種のマネーゲームだと考えています。なぜなら取引する人達の動機はお金ですよね。ですから私たちはハッシュベリーを作り、人々はハッシュベリーに投資し、ハッシュベリーを使用します。なぜならお金が欲しいからです。

だだ、本当に私たちが目指しているところは新たなマイクロペイメントの枠組みを作ることです。人々が水や10円単位のものでもブロックチェーン上で支払うことができるようにしたいのです。

例えば、今コンビニに行ってペットボトルの水を購入しようとしてビットコインを使用するのはナンセンスですよね。なぜなら送金手数料が水の購入額よりも高くなってしまいますから。

私たちはもっと現実世界に寄り添った形の開発を行い、コミュニティーが必要としているマイクロペイメントを提供したいと考えています。トレードロボットはその目標を達成するためのサポート材料になります。

ベンチャータイムス】:マイクロペイメントとトレードロボットでは、取り組む対象が大きく違いますね?

【Varin氏】:
トレードロボットのゴールは、オープンソースSDKキッドを作成することで、それが作成できてしまえば、コミュニティーがそれを活用することで自動的に成長していくはずです。そうなれば、トレードロボットの開発に使う時間を減らし、次のステップとしてハッシュベリーペイに移ることができます。

 

 

Hashberryのもう一つの事業であるペイメントソリューション

 

ベンチャータイムス】:マイクロペイメントはハッシュベリーのプロジェクトの一つですか?

【Varin氏】:
マイクロペイメントもハッシュベリーのプロジェクトの一つです。ホワイトペーパーにも記載されていますが、「ハッシュベリーペイ」という名前です。

ベンチャータイムス】:なるほど。ただ、マイクロペイメントの市場もトレードロボットの市場も、いずれも多くの競合がいると思いますが、ハッシュベリーはどの部分が優れいているのでしょうか?

【Varin氏】:
ハッシュベリーペイについて言うと、ハッシュベリーペイには日本に非常に強力なマーケティングチームがおり、日本での提携先や協力企業を繋いでくれます。

最初のステップとして、ハッシュベリーのチェーンを構築し、取引を独自チェーンで行えるようにする必要があります。その後、ブロックチェーンを活用したソリューションを提供できるようにする必要がありますね。

トレードロボットに関しては、まず多くのトレードロボットは価格や他の取引所との相違点等、シンプルな部分しか確認しません。しかし私たちはより多くの項目を確認します。

そして、我々はSDKも提供しています。例えばアービトラージは多くのテクニックが存在しますよね。そういったテクニックはSDKを使えばカバーできます。
金融の世界では多くのエンジニアやトレーダーが存在しますが、仮想通貨市場にはあまり進出されていません。なぜなら彼らが使えるツールを搭載したプラットフォームがないからです。ですから私たちはオープンソースSDKプラットフォームを作成し、既存の金融トレーダーが簡単に仮想通貨市場に参入できるようにしたいのです。

ベンチャータイムス】:現時点ではどの競合もオープンソースSDKは開発していないのですか?

【Varin氏】:現時点では見たことがないですね。特にトレードロボットでは見たことがないです。

 

 

仮想通貨を誰でも使える様にするHashberry Payが目指すものとは

 

ベンチャータイムス】:ここで一旦マイクロペイメントに話を戻したいのですが、オフチェーンの開発はすでに終了していますか?

【Varin氏】:
今のところ総力を挙げてオンチェーンの開発に取り組んでいます。全ての人はマイクロペイメントをオンチェーンで行うことを望んでいますから。

ベンチャータイムス】:
技術的な話ですが、ライトニングネットワークはオフチェーンソリューションだと言われます。ハッシュベリーペイではビットコインのようにオンチェーンで送金することが可能なのですか?

【Varin氏】:
個人的には、ライトニングネットワークでさえマイクロペイメントに適しているとは思いません。なぜならライトニングネットワークを使用したとしても、100円、50円、10円と行った送金手数料が必要になりますからね。

ビットコインで送金を行おうとした場合、1,000円~1,500円といった手数料が発生します。もし彼らが送金手数料を100円に下げられたとしてもマイクロペイメントにとってはまだ高額です。ですから、例えば水を買うときは1円以下の送金手数料に抑えなければならないでしょう。

現代世界には銀行のアカウントが作れず、1日に2ドル程度で生活している人が大勢います。そういう人々が仮想通貨を使用して、たった10セントでも手数料を支払わなければならないのであれば大きな問題です。だからこそ、全ての人が使えるという意味では、マイクロペイメントで無料に近い手数料を実現しなければならないのです。

ベンチャータイムス】:マイクロペイメントを実現する上で、ブロックチェーン上で実現するには、おそらくブロックサイズを上げる等のプロトコルの変更が必要だと思いますが、ハッシュベリー独自のブロックチェーンを開発するご予定ですか?

【Varin氏】:はい。新しいブロックチェーンを作ることも考えています。

ベンチャータイムス】:最初にオフチェーンでビットコインイーサリアムのマイクロペイメントを研究し、その後に新たなブロックチェーンを構築するということですね?

【Varin氏】:そうです。例えばハッシュベリートークンはERC20に準拠されたものですが、我々の独自ブロックチェーンがローンチされたら、そちらに移行するようにできます。

 

引用元:ベンチャータイムス

インタビューをすべて見たい方は下記からご覧ください。

venturetimes.jp

 

話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」まとめ

f:id:while8f_tornado:20180801145005j:plain

今回は、話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」のCTO「Varin氏」がベンチャータイムスより「hashberry(ハッシュベリー)が誕生した理由」などインタビューを受けていたのでご紹介していきました。

Varin氏は、世界最高とも言える数学と物理学のスコアと共に、若い時からアジアで高く評価されてきた天才です。

ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」は「実際に取引所で仮想通貨をトレードしていた際に思ったこととして、自動で運用できれば効率もいいしそれで利益も出れば多くの人に受け入れられると思った」のがhashberry(ハッシュベリー)の始まりのようです。

今後は、新しく独自のブロックチェーンの開発も視野に入れているそうです。

Varin氏なら独自のブロックチェーンも作成できそうですね!

ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」に今後も注目しておきましょう!

 

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」がプレセール実施中!!仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の最新情報を紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」がプレセール実施中!!仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の最新情報を紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

 


今回は、アヴァベルオンライン運営のアソビモが運用している仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」がプレセールを実施中との発表がありましたので仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の最新情報について紹介していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20180725142800j:plain

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」とは?ホワイトペーパー概要

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

 

ASOBI COIN(アソビコイン)ホワイトペーパーはこちら

https://asobimo.io/pdf/white_paper_ja.pdf

こちらの記事にも詳細が記載されています。

quanta-token.hatenablog.com

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」プラットフォームについて

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」が実現を目指しているプラットフォーム「ASOBI MARKET」について説明していきます。

 

f:id:while8f_tornado:20180725142358j:plain

「ASOBI COIN」は、アソビモ株式会社が開発を進めるブロックチェーンを活用したデジタルコンテンツの保護・流通を実現するプラットフォーム「ASOBI MARKET」(国際特許出願中:PCT/JP2018/16657)を実現するプロジェクトです。ゲームアイテム、ソフトウェア、電子書籍、音楽、動画、電子チケットなどのデジタルコンテンツの二次流通(中古流通)を実現します。

ASOBI COINは、対応するアソビモゲーム内で2倍相当の価値で使えるようになり、また、ASOBI COINは、ASOBI MARKETのデジタルコンテンツを売買するためのコインとして使えるようになります。
現在のDRM(デジタルライツマネジメント)に代わる、ブロックチェーンを利用したデジタルコンテンツの所有権を明確にする「分散型セキュリティシステム(DSS)」(国際特許出願中:PCT/JP2018/25247)を開発し、同人活動でも利用でき、エンジニア不要で簡単にセキュリティを実装できるプラットフォームを提供する予定。

アソビモ株式会社の独自技術「DSS」によって、昨今海賊版サイトなどで問題になっている“権利者を無視してデジタルコンテンツが複製・配布される問題”を解決し、さらに、二次流通(中古流通)市場の課題である“パブリッシャーへの収益還元”を実現します。

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」プレセール情報

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」のプレセールが開始したと公式サイトより発表がありましたので紹介していきます。

 

「ASOBI COIN」のプレセールSTAGE2スケジュール
  • 2018/7/27

開始日(JST):2018/7/27 15:00

終了日(JST):2018/7/29 14:59

期間 :48 hours

ボーナス:24%+5%

  • 2018/7/29

開始日(JST):2018/7/29 15:00

終了日(JST):2018/7/31 14:59

期間 :48 hours

ボーナス:24%+3%

  • 2018/7/31

開始日(JST):2018/7/31 15:00

終了日(JST):2018/8/2  14:59

期間 :48 hours

ボーナス:24%

 

アソビモ株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役:近藤克紀)は、2018年7月27日15時(JST)より、デジタルコンテンツの保護・流通プラットフォーム「ASOBI COIN」のプレセールSTAGE2を開始しました。


2018年7月27日15時00分~2018年8月2日14時59分(JST)の予定でASOBI COINのプレセールSTAGE2を開催します。先日行われたプレセールSTAGE1は好評に付き早期に完売し、予定を前倒して終了しました。プレセールSTAGE2においても、売り切れの場合は予定より早期に終了しますのであらかじめご了承ください。

 

引用元:ASOBI COIN公式サイト

 

 

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」まとめ

 

f:id:while8f_tornado:20180725142800j:plain

今回は、アヴァベルオンライン運営のアソビモが運用している仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」がプレセールを実施中との発表がありましたので仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の最新情報について紹介していきました。

今回開催されるのは、プレセールのSTAGE2ですが、先日行われたプレセールSTAGE1は好評判のため早期に完売し、予定を前倒して終了しました。

今回も評判が良いので完売する可能性が高いため、欲しい方は早めに購入することをオススメします。

今後も仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の動向に注目しておきましょう!

人工知能でトレードとマイニング!?話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」とは?基本情報、ロードマップなど紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

人工知能でトレードとマイニング!?話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」とは?基本情報、ロードマップなど紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-


今回は、話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」とは何か?人工知能でトレードとマイニングとは?基本情報、ロードマップなどを紹介していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20180725145035j:plain


話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」とは?ホワイトペーパー概要


仮想通貨は、取引所での売買以外にマイニングを実施することによっても、通貨を手に入れることが可能です。
ですが、FXなどの市場に比べて、まだ不安定で、価格差やボラティリティ(価格変動)が大きく異なる場合が多々あります。
このように、従来の投資に比べ仮想通貨は、非常に自由度が高いですが、それを管理しているのは人なので、折角の投資チャンスを逃したり、場合によっては失敗もあり得ます。

このような問題を、AI(人工知能)を使用して、解決しようというプロジェクトが「hashberry(ハッシュベリー)」で、その通貨名が「HBY COIN(HBY コイン)」です。

hashberry(ハッシュベリー)についての動画がYouTubeにアップされていたので紹介します。

youtu.be

hashberry(ハッシュベリー)の公式サイトはこちら

hashberry.io

hashberry(ハッシュベリー)のホワイトペーパーはこちら

https://hashberry.io/Hashberry_Whitepaper_0600718.pdf

 

 

話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」ロードマップ

hashberry(ハッシュベリー)ロードマップ

 

今後のロードマップについては、2018年中に、一通り開発が完了、2019年の4月に運用開始予定のようです。

 

f:id:while8f_tornado:20180725145112j:plain

話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」通貨詳細

 

hashberry(ハッシュベリー)の通貨「HBY COIN(HBY コイン)」について説明していきます。

HBY COIN(HBY コイン)の説明


hashberry(ハッシュベリー)プロジェクトで発行される通貨は、「HBY COIN(HBY コイン)」です。

  • 記号:HBY
  • トークンの総供給量:8億(トークン)
  • プレセールのハードキャップ(供給上限):2千7百
  • パブリックセールのハードキャップ:2億3千4百
  • 当初価格:1HBY=$0.3
  • タイプ:ERC-20

f:id:while8f_tornado:20180725145134j:plain

話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」特徴


hashberry(ハッシュベリー)の主な特徴は、AI(人工知能)が「トレード」と「マイニング」を最適な状態で運用するという点です。
また、「トレード」や「マイニング」など特徴のある機能をたくさん備えているのでまずはそちらについて説明していきます。

  • AIトレード

トレードは、主に以下の特徴があります。

  1. アービトラージ裁定取引)を自動で実行
  2. スケーリング対応
  3. ソフトウェア開発キット(SDK)の提供

この中でも、注目すべき特徴は、アービトラージをAIロボットが実施してくれるという点です。
アービトラージ裁定取引)は、取引所の同じ通貨の価格差で、利益を生み出す投資方法ですが、仮想通貨の価格は、ミリ秒単位で変動していますので、取引所を跨いだ仮想通貨取引を、人が100%管理するのはほぼ不可能です。
hashberry(ハッシュベリー)は、これをAIロボットが行うことによって、効率的・安全に取引させることができるということです。
また、複数の取引所にAIロボットを設置し、設置したAIロボットたちを管理するAIロボットを設けることにより、スケーリング(規模拡張)にも充分に耐えられ、複数のアービトラージを最適な形で実行できる構成になっています。

さらに、取引所によって異なる条件に細かく対応するため、ソフトウェア開発キット(SDK)を提供し、カスタマイズを実施することが可能です。
通常では、複数の取引所を跨いだサービスを展開しようとすると、各取引所への個別の対応が必要になりますが、SDKが取引所と開発者の架け橋的な役割を担うため、開発者はhashberry(ハッシュベリー)のSDK開発のみに集中できます。
開発者にとっては、とても開発しやすい環境だと言えます。

 

  • AIマイニング

hashberry(ハッシュベリー)のマイニングの特徴は、収益性が高いと予想された通貨のマイニングをAIが選択・実行することが可能という点です。

また、ハッシュベリーは、たくさんの仮想通貨のマイニングプールの開発も行っており、マイニングに少額から参加できるような環境を作り上げようとしていますが、AIは、その仮想通貨の中から最適な通貨を選択してマイニングをすることが可能です。

また、ユーザーが所持している仮想通貨のマイニングの権利を他の人に売却できるのも一つの特徴です。
※売買では、HBY COIN(HBY コイン)を使用。


話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」最大の特徴「トレードとマイニングの最適化」とは?


hashberry(ハッシュベリー)は、AIトレードとAIマイニング単独でも、強力な特徴を備えていますが、最大といえる特徴は、「トレードとマイニングの最適化」にあります。

例を挙げると、AIトレードのロボットが、過去の傾向から、イーサリアムが今後上がるのではないか?と予測したとします。
すると、AIマイニングのロボットは、手数料などを考慮しながら、最良のマイニング対象の通貨を選び、それがイーサリアムだった場合は、イーサリアムのマイニングを予めしておき、イーサリアムの価格が上がった際に、AIトレードのロボットが売却するという仕組みです。

上記のように、hashberry(ハッシュベリー)のAIは「トレード専用」「マイニング専用」という単体活用ではなく、仮想通貨の資産運用を一貫性を持って、最適化してくれます。

 

 

話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」注目の機能


hashberry(ハッシュベリー)は、トレードとマイニング以外にも、様々な機能を備えています。

 

f:id:while8f_tornado:20180725145317j:plain

  • グリーンエネルギー

電力消費の増加は、仮想通貨事業を行うためには、必要不可欠ですが、hashberry(ハッシュベリー)では、移動可能なマイニング施設を使用し、グリーンエネルギーの効率的な仕組みを作成しています。

  • hashberry PAY(ハッシュベリーペイ)とLight Wallet(ライトウォレット)

hashberry(ハッシュベリー)は「ハッシュベリーペイ」というマイクロペイメントを行うための決済方法も提供予定で、支払いが終わった後、即法定通貨に変換し、手数料などを引いた金額を受け取れるなど、支払いを受ける側からすると、仮想通貨の懸念点であるボラティリティ(価格変動)の影響を最低限まで抑えることが可能になります。
また、簡単にイーサリアムベースの通貨を交換することが可能な「ライトウォレット」というウォレットも開発予定で、マイニング関連の購入も「ライトウォレット」で簡単に行えるようにしたいそうです。
また、HBY COIN(HBY コイン)の価値をさらに高めることとして、HBY COIN(HBY コイン)を使って商品・サービス代金を支払ったユーザーは、その購入した商品・サービスに対して少額のキャッシュバックをHBY COIN(HBY コイン)で受け取ることができます。

 

3年以上の経験を持つチームが、最適なハードウェア設計を実施しており、そのお陰で、マイニングプールやその他システムの寿命を伸ばしたり、「再起動やシャットダウンのタイミングも気にする必要が無い」など、安定した環境を確保することが可能となります。
また、マイニングの収益性の限界を押し上げるべく、日々、新技術についても模索・検討を繰り返しているそうです。


話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」チームメンバー

f:id:while8f_tornado:20180725145247j:plain


hashberry(ハッシュベリー)の開発チームは数多くの有力なメンバーが集い開発されていますが、その中でも注目のメンバーを一部紹介していきます。

Sony Suzuki
Founder & CEO

Sony Suzuki氏は、フォーチュン500/ワールド1000企業戦略家として非常に高く評価されており、また受賞歴を持つシリコンバレーの技術者、個人での証券引受業者、さらにはハリウッドでの映画及びTVプロデューサーでもある。また元IBMのエグゼクティブとして、最先端の大規模なデジタル技術及び最大で500万USドルのプロジェクトの提供を、NHKSONY、ワーナーブラザーズ、ディスカバリー、ディズニー、BBC、CNN、ユナイテッド航空みずほ銀行ニューヨークタイムズ・デジタル、ビジネスウィークリー、SBS、CBSCCTV オリンピック2006、クアルコムプレイステーション3コカ・コーラ東芝、三菱、日産、TOYOTAPanasonicルノーアメリカ国防情報局、さらには日本国内での取引所など、数多く行いました。

Varin Narula
Founder & CTO, The Author of Whitepaper

Varin Narula氏は、世界最高とも言える数学と物理学のスコアと共に、若い時からアジアで高く評価されてきた天才プロテーゼ(被保護者)の一人である。

更にアドバイザーには、Jim Nisshing 氏という、アメリカ合衆国ワシントン州の弁護士も参画されています。

 


話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」ホワイトペーパーまとめ

f:id:while8f_tornado:20180725145035j:plain

今回は、話題沸騰中ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」について基本情報、ロードマップなど紹介していきました。
hashberry(ハッシュベリー)は、今までのICOには無い、「AI(人工知能)が「トレード」と「マイニング」を最適な状態で運用する」という面白い特徴のICOで、初心者でも簡単に資産運用できるという、とても夢のあるプロジェクトですね。
また、Sony Suzuki氏がCEOを務められているのも注目ですね!
今話題沸騰中の仮想通貨なので、気になった方は今のうちにチェックしておきましょう。

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」とは?口コミで評判になっているホワイトペーパーを紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」とは?口コミで評判になっているホワイトペーパーを紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-


今回は、アヴァベルオンライン運営のアソビモが運用している仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」とはどんな特徴の仮想通貨なのか?口コミで評判になっているホワイトペーパーを紹介していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20180725142339j:plain

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」とは?ホワイトペーパー概要

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

 

ASOBI COIN(アソビコイン)の日本語での公式紹介動画がYouTubeにアップされています。

youtu.be

ASOBI COIN(アソビコイン)公式URLはこちら

asobimo.io

ASOBI COIN(アソビコイン)ホワイトペーパーはこちら

https://asobimo.io/pdf/white_paper_ja.pdf

 


アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」運営会社情報

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」の運営元であるアソビモ株式会社は、オンラインゲームの開発会社で、スクウェア・エニックス社と共同開発中タイトル『ファンタジーアース ジェネシス』などのゲームを開発しており、オンラインゲームを15年以上に渡り制作してきた実績のある会社です。

アソビモ株式会社は2007年3月に設立され、所在地は東京都豊島区池袋ですが、上海、台北にも拠点があり、世界規模で600人以上の開発者が在籍しています。また、ICOを発表後のアクティブユーザーは月間1000万人以上います。

 

  • 会社名:アソビモ株式会社(英語表記:ASOBIMO,Inc.)
  • 代表者:代表取締役 近藤 克紀
  • 本社所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋3-1-2
  • 事業内容:オンラインゲームの開発・運営

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」市場規模

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」のホワイトペーパーにも記載されていましたが、デジタルコンテンツの一次流通市場規模は8兆4,156億円で、二次流通市場規模は約1兆2,000億円と推定されており、とても巨大な市場と言えます。

 

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」の特徴

 

f:id:while8f_tornado:20180725142358j:plain

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」を使用したデジタルプラットフォーム内では、ブロックチェーン技術を使用する事でコンテンツの所有権を明確化し、これにより不正に複製された商品が市場に出なくなり、ユーザーは遊んだり読み終えたデジタルコンテンツを二次流通販売(中古販売)することが可能となります。

現在のゲームアイテムなどの販売はマネーロンダリング防止の為、禁止されていましたが、「ASOBI COIN(アソビコイン)」はブロックチェーン技術を用いて取引の透明性を確保することで、アイテム販売できる環境構築を目指します。

また、これまでの二次流通販売(中古販売)では、収益が製作者に直結しませんでしたが、ブロックチェーンを用いた「分散型 セキュリティシステム(DSS)」では、中古販売でもトレード金額に応じた収益が製作者に還元され、これにより、収益を得れた製作者は、更に質の高いコンテンツを作ることが可能となります。

 

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」開発チーム

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の開発チームについて紹介していきます。

CEOは近藤克紀氏で、アソビモ株式会社の代表も務められている方です。

羅 鍾九氏は、DeNAやKAKAO Groupの子会社経営などの経歴のある方です。

更にアドバイザーには、DDIセルラー(現au)、第二電電株式会社(現KDDI)、イー・アクセス株式会社(現ワイモバイル) などの創業者である千本 倖生氏が参画されています。

 

f:id:while8f_tornado:20180725142709j:plain

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」ロードマップ

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」のロードマップは下記の通りになります。

 

2018年

・ASOBI STOREでASOBI COINや仮想通貨を関連ゲーム内で利用可能化

・ゲームアイテム二次流通プラットフォーム「Switex Japan」のサービスが開始

 

2019年

・分散型セキュリティシステム(DSS)のクラウドサービスを提供

・デジタルコンテンツの二次流通(中古販売)プラットフォームを提供

 

2021年

・中央サーバーが存在しないオンラインゲーム、DAPPS−MMORPGの提供を開始

 

 

f:id:while8f_tornado:20180725142723j:plain

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」の将来性

 

ASOBI COIN(アソビコイン)は将来的に、様々な企業の運営するゲームで使用可能になる予定です。

 

ASOBI COIN(アソビコイン)対応予定ゲームは下記のとおりです。

・アヴァベルオンライン

・イルーナ戦記オンライン

・トーラムオンライン

・アルケミアストーリー

 

f:id:while8f_tornado:20180725142742j:plain

また、上記以外の現在開発中のタイトルでも、ASOBI COIN(アソビコイン)を使用できるようになる予定です。

 

 

アヴァベルオンライン運営のアソビモが仮想通貨!?「ASOBI COIN(アソビコイン)」特徴まとめ

 

f:id:while8f_tornado:20180725142800j:plain

アヴァベルオンライン運営のアソビモが運用している仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」とはどんな特徴の仮想通貨なのか?口コミで評判になっているホワイトペーパーを紹介していきました。

ここまで読んでいただいた方は「ASOBI COIN(アソビコイン)」についてお分かりいただけたかと思います。

注目すべきポイントは、「運営会社が実績のあるオンラインゲーム開発会社」「市場規模が約1兆2,000億円」「開発メンバー」「今までにない特徴」などが挙げられます。

「ASOBI COIN(アソビコイン)」の市場は大きな可能性を秘めているので、今一番お勧めできる仮想通貨なので「ASOBI COIN(アソビコイン)」に注目してみてはいかがでしょうか?

今後の「ASOBI COIN(アソビコイン)」の活動に期待しましょう!

話題沸騰中のコミュニティ「CCJ (クリプトクラブジャパン)」の最速情報を紹介!大規模カンファレンスに出展!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

話題沸騰中のコミュニティ「CCJ (クリプトクラブジャパン)」の最速情報を紹介!大規模カンファレンスに出展!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

 

 

今回は、前回ご紹介した話題沸騰中のコミュニティ「CCJ (クリプトクラブジャパン)」の最新情報についてご紹介していきます。

 

 

 

f:id:while8f_tornado:20180711180956j:plain

話題沸騰中のコミュニティ「CCJ (クリプトクラブジャパン)」概要

 

「Crypto Club Japan」とは1か月の間にのべ8000人もの会員へと拡大した日本最大級の仮想通貨コミュニティです。

 

私たちCrypto Club Japanは、今世界で多くの人に富をもたらしている仮想通貨において
公平で公正な情報だけを提供していき、さらには、仮想通貨投資に取り組む方々が
共に学び、助け合う大切な場所を創ることにより会員一人一人がこの2018年をきっかけにして豊かで幸せな人生を歩めることを目指していきます。

こちらの記事にも詳細が記載されています。

quanta-token.hatenablog.com

 

話題沸騰中のコミュニティ「CCJ (クリプトクラブジャパン)」最新情報

 

話題沸騰中のコミュニティ「CCJ (クリプトクラブジャパン)」の公式ツイッターより「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」にブース出展した。と発表がありましたのでご紹介していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20180711181014j:plain

  • JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE(JBC)にブースを出展

 

昨日から東京国際フォーラムで開催しているJAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCEにCCJが出展しています!

おかげさまで、初日は大盛況でした!

CCJグッズも無くなり次第配布終了ですので、お早めにご来場くださいね!

 

引用元:CCJ公式ツイッター


話題沸騰中のコミュニティ「CCJ (クリプトクラブジャパン)」大規模カンファレンスとは?

 

 

 

 

f:id:while8f_tornado:20180711181029j:plain

名称:「Japan Blockchain Conference(JBC)」-TOKYO Round2018-
会期:2018年6月26日(火)–27日(水) 9時~18時
会場:東京国際フォーラム ホール E(1) + (2)
主催:一般社団法人グローバルブロックチェーン協議会
後援:経済産業省・外務省

 

参加費用:

・VIPパス 50,000円(500USD)
※2日間のラウンジの利用、及び 26日 After Party、27日 閉会パーティー、両日への参加が可能

・エキスポパス 事前登録
≪1日券≫3,000 円 (30USD)/≪2日券≫5,000 円 (50USD)

・当日券≪1日券≫4,000円 (40USD)

 

内容:

①展示ゾーン:国内外参入企業 65社~100社
②講演会 / セミナー:ブロックチェーン著名ゲスト
③その他コーナー

 

 

TOKYOで“ブロックチェーン”の新たな歴史が幕を開ける!
今までにないカンファレンスを実現させるため、出展プランの中に、専任の担当者を付けた『マッチングサポートプラン』 を世界初導入しました!

日本最大級のブロックチェーンカンファレンス
「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」-TOKYO Round 2018-
世界各国の暗号通貨エキスパート企業・団体100社以上が東京に集結!
「動員人数:10,000名(予定)」

 

話題沸騰中のコミュニティ「CCJ (クリプトクラブジャパン)」最新情報まとめ

 

f:id:while8f_tornado:20180711181043j:plain

今回は話題沸騰中のコミュニティ「CCJ (クリプトクラブジャパン)」の最新情報について紹介していきました。

CCJ (クリプトクラブジャパン)が出展するJBCは、世界各国の暗号通貨エキスパート企業・団体100社以上が参加する日本最大級のブロックチェーンカンファレンスです。

大規模イベントに参加するので評判もますます良くなると思います。

今後も話題沸騰中のコミュニティCCJ (クリプトクラブジャパン)に注目ですね!

大注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんのビデオレターシリーズを紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

大注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんのビデオレターシリーズを紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

 

 

今回は、大注目の政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの「国会中継だけでは伝えられない政治の動きを、ビデオレターで国民の皆様にお伝えするシリーズ」のビデオレターを紹介していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20180416191532j:plain


政治家『松田学 (松田まなぶ)』さん概要

松田/学
1957年生まれ(横浜市港北区にて小中学校に通学)東京大学経済学部卒業、大蔵省入省(本省のほか、西ドイツ留学、税務署長、国税局査察部長、横浜税関総務部長、内閣審議官など)、財務省本省課長、東京医科歯科大学教授、独立行政法人理事等への出向等を経て、2010年政界進出のため退官。在官中より言論NPO理事、大学院客員教授等として活動。NPO「横浜ひとまちくらし研究会」理事、埼玉学園大学大学院及び横浜市立大学客員教授、国家基本問題研究所及び大樹総研等での活動などを経て、2012年第46回衆議院選挙にて日本維新の会より出馬し当選。

 

松田学(松田まなぶ)さんは自民党に所属している政治家で、元財務官僚、元日本維新の会、次世代の党所属の前衆議院議員という経歴を持っています。

さらに東京大学大学院客員教授でもあり、 Jupiter COIN(ジュピターコイン)のプロジェクトリーダーも勤めています。

詳しくはこちら

quanta-token.hatenablog.com

 

 


大注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんのビデオレターシリーズを紹介!

 

今回は、大注目の政治家!松田学 (松田まなぶ)さんのビデオレターシリーズのうち2本を紹介していきます。

 

  • 八の年、戌は笑うか?

過去10年毎に何があったのか振り返って行くと共に、今年の先行きを展望して頂きます

 

youtu.be

 

巧に世論誘導を試みる財務省の、増税レトリックについて確認して頂きます。

 

youtu.be

 

 

 

 

大注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんのビデオレターシリーズの評価・口コミ

 

先程紹介した2本のビデオレターの評価、口コミなどの感想を紹介していきます。

 

f:id:while8f_tornado:20180404191751j:plain

・松田学さんは丁寧だし、カツトシさん等の若い人の意見も聞こうとしている。
真摯な人柄が伝わってきますね。

財務省理論武装の在り方の今回は勉強になりました。次回の放送がたのしみです。

・松田さん応援してます

 

などなど

 

 

大注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんのビデオレターシリーズを紹介!まとめ

 

f:id:while8f_tornado:20180602163854j:plain

今回は大注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんの「国会中継だけでは伝えられない政治の動きを、ビデオレターで国民の皆様にお伝えするシリーズ」について紹介していきました。

やはりビデオレターの方が論文などよりも人柄や雰囲気が伝わるので良いですね。

評価や口コミも良く、「次回の放送がたのしみです」などリピーターも居るようです。

今後も松田学さんの「国会中継だけでは伝えられない政治の動きを、ビデオレターで国民の皆様にお伝えするシリーズ」に注目しておきましょう!