元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20190115110036j:plain

ACDホームページ

https://acd-coin.hk

ホワイトペーパー
https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳細はこちら

http://quanta-token.hatenablog.com/entry/ACD/20190115

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

f:id:while8f_tornado:20190115105735j:plain

ACD、香港における龍豊集団とのコイン連携での提携

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、香港において展開しているドラッグストアチェーンの最大手、龍豊薬業(集團)有限公司(以下「龍豊集団」)と提携し、香港におけるドラッグストアチェーンの全店舗において、ACDが発行する暗号通貨(ユーティリティコイン)「ACDコイン」を店舗利用者に対し、店舗利便性の向上および店舗売上増大の一環として、2019年度初旬を目途に店舗における決済手段の一つとして利用できるよう順次導入を開始することについて合意いたしました。

龍豊集団は、香港における流通業と小売業を担っており、医薬品、健康および美容補助食品、スキンケア、パーソナルケア製品の流通および小売を行っており、2019年で設立27周年を迎えています。現在、龍豊集団は、新界地域に18店舗を出店しており、今後は香港に限らず、中国やマカオ市場への事業展開を積極的に進めています。

 またACDコインは、BCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、特に海外保有者向けにクロスボーディングサービスの利便性を高めるために開発された暗号通貨(ユーティリティコイン)です。

今後は、ドラッグストアチェーンを始めとし世界中のオフライン店舗とのインバウンドビジネスにおける相乗効果を最大限に高めるため、ACDコインを活用し、よりその利便性・利用率を高める方針です。
 以上の取り組みにより、ACDは龍豊集団との今後更なる連携強化を図り、香港でのACDコインの普及に努め、世界各国へ展開して参ります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきました。

龍豊集団と提携し、香港におけるドラッグストアチェーンの全店舗において、「ACDコイン」を2019年度初旬を目途に店舗にて決済手段として利用できるよう順次導入を開始することについて合意し、今後は、ドラッグストアチェーンを始めとした世界中のオフライン店舗とのインバウンドビジネスにおける相乗効果を最大限に高めるため、ACDコインを活用し、よりその利便性・利用率を高める方針だそうです。

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!

元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20190115110036j:plain

ACDホームページ

https://acd-coin.hk

ホワイトペーパー
https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳細はこちら

http://quanta-token.hatenablog.com/entry/ACD/20190115

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain

ACD、「インバウンド&中国越境ECセミナー」への参加を発表

 

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、2019年1月22日(火)13:30~宮崎県立美術館で開催されますインバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」に参加いたします。
セミナーは、宮崎県、株式会社宮崎銀行、株式会社宮崎太陽銀行みずほ銀行が主催となり、宮崎県商工会議所などに呼びかけて、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているものです。
今回のテーマは、今後ますます増加傾向にある中国を始めアジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されます。

ACDの株主であるANAホールディングス(株)も、2017年10月20日に宮崎県との間で、観光産業の振興、地域経済の一層の活性化を図るため、相互の資源を有効に活用した協働による活動を推進することを目的とした「観光振興に関する連携協定」を締結しており、ACDといたしましても、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献してまいりたいと考えております。

今回のセミナー参加を機に、地域創生に積極的に取り組んでいる宮崎県とACDのサービスを身近で感じていただくとともに、今後中国を始め世界の顧客に対して積極的に地域の名産品などを紹介していければと考えておりますので、引き続きACDの業務へのご理解・ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:while8f_tornado:20190115105735j:plain

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきました。

インバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」は、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているもので、アジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されるそうです。

今後「ACDコイン」は、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献していくと考えているそうです。

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発!?ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発!?ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20190115104338j:plain

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発!?ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

https://disciplina.io/index-jp.html

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

こちらの記事にも詳細が記載されています。

quanta-token.hatenablog.com

 

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発!?ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報!

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を紹介していきます。

f:id:while8f_tornado:20181218132200j:plain

データ公開を可能にするアルゴリズムの実現について

 

アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されます。DISCIPLINAプロジェクトで使用されるこのプロトコルは求人募集している雇用主に正確な検証された成績データを提供する為にのみ用いられています。

このプロトコルの利用にあたり2人の当事者が存在します。それはトークンの買い手と売り手です。一般的な売買システムにおいては流通資金をプールし流通データを検証する仲介者が存在します。しかし、従来のデータ公開アルゴリズムと異なり、DISCIPLINAでは仲介者は必要としません。DISCIPLINAプロジェクトにおいてブロックチェーンこそがすべての取引の有効性を保証する合意メカニズムを備えた分散型台帳なのです。

先述した通りDISCIPLINAプロジェクトに関わる全ての参加者はデータが有効であるかどうか判断する機会があります。もし登録データに関して争いが生じたとしても参加者はブロックチェーン上に記録されたデータを判断材料として証明することが可能です。買い手が無効だと主張するデータをネットワークのノードに確認させ、その後に有効か無効かについて決断を下すことができます。ちなみに両当事者はそのデータに対して信頼し取引が公正であると同意する場合、ブロックチェーン上のノードはデータにアクセスすることはありません。

取引前に、買い手は検証を行う事をノードに通知しなければなりません。全ての取引記録データは検証済みであり有効なものでなければならないからです。売り手は暗号鍵を用意する事でデータを暗号化し、そしてその暗号鍵をブロックデータの代表となるデータ「マークル・ルート」を計算して、この「マークル・ルート」を参加者が閲覧できるパブリックブロックチェーンに入れます。

買い手はセッションの公開鍵と暗号鍵のペアを作成し、暗号鍵を公開して取引を行います。さらにこの取引におけるスマートコントラクトに保管するDisciplinaトークンを送信します。

売り手は所定の保証金をコントラクトアドレスに送信し内容の障害確認の為、一定時間待ち時間が発生します。その後、買い手にプライベートブロックチェーンで暗号化したデータを送信します。こうすることでブロックチェーン上に大量の情報を保管せず、また記録に関しての争いが生じた場合にその記録データの全てを公開する必要がなくなるのです。

買い手が暗号化データを受領したことを確認後、売り手は買い手の公開鍵で暗号鍵を発行します。

この売り手の暗号鍵で買い手はデータを解読できます。この段階で2つのシナリオが考えられます。

1.買い手が記録データが虚偽があって無効であると考える場合、その部分に秘密鍵を使用し公開します。Disciplina参加者は誰でもそのデータ部分を解読し真正なデータであるか確認機能が使用できます。大まかな流れとしては売り手が買い手にプライベートチェーン上で送信したデータの中に疑問部分が実際に含まれていたことを証明する為に買い手は同部分の「マークル・パス」も提出します。買い手が同データについて無効であることを証明できた場合、売り手が当初送信していた保証金とともに自分の資金も払戻しを受けます。

2.すべてのデータが真正であった場合、買い手はパブリックチェーンの取引にてそれが確認出来ます。虚偽があった場合では一定期間の後にスマートコントラクトは自動的に資金を売り手に送信します。

 

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発!?ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:while8f_tornado:20181218131738j:plain

今回は、Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を解説していきました。

アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されるそうです。

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に今後も注目しておきましょう!

 

元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

f:id:while8f_tornado:20190115105735j:plain

 

ACDホームページ

https://acd-coin.hk

ホワイトペーパー
https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳細はこちら 

http://quanta-token.hatenablog.com/entry/ACD/20190115

 

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?

 

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain

ACDとBitcoin.com がビットコインキャッシュを利用し新しい決済方法について提携

Bitcoin.com( 代表取締役社長:ロジャー・バー、以下「 Bitcoin.com」) と ANA ホールディング株式会社が出資する株式会社 ACD(代表取締役社長:園田康博。以下「ACD」)は、暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結することを発表致しました。
この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、日本から“本物”をお届けするグローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能になります。
幅広く調査及びテストを重ねた結果、ACD と Bitcoin.com 共にビットコインキャッシュが暗号通貨の中で、手数料が低く、取引スピードが早いと信頼できるとのことから最も消費者及びビジネスにとって最適な暗号通貨であると賛同致しました。このパートナーシップは ACD がビットコインキャッシュを決済方法の一つとして推進するところから開始されます。
更に本パートナーシップによる ACD トークンの様々な用途や拡張、その詳細については、後日発表いたします。
また、今回のパートナーシップを経て ACD トークンはビットコインキャッシュプラットフォームとなる予定です。
ACD の CEO 園田康博から、”市場にある様々な暗号通貨を色々調査及びリサーチをした結果、当社はACD トークンとビットコインキャッシュを連携させ新しい決済方法として選びました。これはお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる決済方法を世界規模での取引が実現できると考えております。”
Bitcoin.com の CEO、ロジャー・バーから “ACD とビットコインキャッシュのパートナーシップに協力できることは非常に光栄です。ワールドワイドな航空会社の出資会社がワールドワイドの通貨を採用されることは必然であると考えます。”
ビットコインキャッシュP2P 電子通貨であり、誰からでも、どこからでも即時に決済ができる電子通貨システムです。費用がほぼ無料で、ダブルチャージのリスク、決済ができなかったり、送金が戻されることもございません。
ACD のようなグローバル会社には最適な組み合わせです。 お客様に革新的な決済方法を提供することによって、ACD が先んじてビットコインキャッシュ決済を取り組むことによって、競合他社との差が更に大きくつくでしょう。

 

ACD、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始

株式会社ACD(以下「ACD」)は、ACDが基幹事業として展開する越境ECプラットフォーム『ANA CARGO DIRECT』(中国本土を除く) のすべてにおいて、決済手段の一つとして、ACDコインを活用できるよう決済連携開発を開始しました。

ACDコインはBCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、BCH決済モジュールを実装することで、すべての『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となります。

一連の決済連携は、2019年度初旬から順次開始されることを予定しており、これは、今後、世界中のお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる新たな決済方法として世界規模での取引が実現できると考えております。

このように当社は、革新的な決済方法を提供することによって、越境EC業界において、競合他社との差別化を大きく図ってまいります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:while8f_tornado:20190115110036j:plain

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきました。

Bitcoin.comと暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結し、この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、グローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能となるそうです。

また、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始し、『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となるそうです。

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!

仮想通貨最新情報公開!仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」とは?評判・上場情報など全て公開!|仮想通貨の利点-Wowooの真実-

仮想通貨最新情報公開!仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」とは?評判・上場情報など全て公開!|仮想通貨の利点-Wowooの真実-

 

今回は、仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」とはどのような仮想通貨なのか?既に上場している仮想通貨ですが改めて特徴から上場情報まで、仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の全てを公開していきたいと思います。

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」の公式ホームページ

wowoonet.com

 

 

※更新日:2019/01/28

 

 

f:id:while8f_tornado:20180425110540j:plain

仮想通貨最新情報公開!仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」とは?

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」はシンガポールで開発されている仮想通貨で、目的は「ひとつの感動で戦争を終わらせることができる。だから、私たちは感動を価値化します」と公表されています。

Wowoo(ワオー)はプラットフォームであり、そのプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨が「WWB|Wowbit(ワオビット)」になります。

Wowoo(ワオー)が発行するトークンには投票機能がついており、感動的な成果物を提供した人に対して投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能です。
つまり、Wowoo(ワオー)は人々の善意・芸術的価値・感動に対して、報酬をしっかり受け取ることが可能なプラットフォームを目指しています。

 

 

仮想通貨最新情報公開!仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」特徴

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」の主な特徴は、「準備金制度」や「特別決議機能」です。
Wowooの準備金制度における準備率(CR)は20%で、新規にWobitのトークンが発行される際には、ETHの準備高がWowBit価値合計値の20%になるように自動調整され、その結果、Wobitトークンの売買者の間を公正なバランスで保ち、大きな安定性を生み出すことにつながります。

特別決議機能は、ルール変更など重要な決議において、トークンの保持者による投票で意思決定がされることです。
投票率3分の2以上で採択される仕組みになっており、Wowooは非中央集権の運営ではなく自律した運営を実現できるということです。

 

仮想通貨最新情報公開!仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」のICO注目理由

 

f:id:while8f_tornado:20180522094255j:plain

Wowooを注目すべき理由は3つあります。

  • ロジェー・バー氏がWoowooプロジェクトを絶賛
  • 国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資
  • NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦

ロジャー・バーと言えば仮想通貨の第一人者ですが、その方がWowooの評議会に参加し、このプロジェクトを絶賛したのです。

さらに、ロジャー・バーだけでなく、NEOの創業者であるDa Hongfei氏もこのWowooのアドバイザーとして参画していることで注目を集めています。
また、日本最大級のQ&Aサイトである「OKWAVE」を運営している株式会社オウケイウェイブは子会社を通じて、このプロジェクトに出資をしているのも注目理由の1つです。

 

仮想通貨最新情報公開!仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」ロードマップ

 

f:id:while8f_tornado:20180425110621j:plain

2018年第1四半期:Wowooトークンセール、システム開発
2018年第2四半期:Wowooシステム開発
2018年第3四半期:Wowooサービス本格リリース
2019年第3四半期:WowooのプラットフォームのAIサービス開始
2019年第4四半期:Wowooエコシステム成長加速

 

仮想通貨最新情報公開!仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」WWB詳細

 

f:id:while8f_tornado:20180416182715j:plain

  • トークンの名称:Wowbit
  • 単位:WWB
  • ICO:2018年3月以降
  • プレトークンセール開始日:2018年1月17日
  • トークンセール:2018年2月22日〜2018年3月2日
  • 発行枚数:1,111,111,111(WWB)
  • ICO価格:1WWBあたり0.0011ETH

 

Wowbitはイーサリアムをベースに作られました。

スマートコントラクトを実装していて、Wowbitはマイニングではなく、Wowooシステムが発行枚数などを管理しています。

非中央集権の性質も持っているので発行枚数の増減など大きな変更については特別議決機能によって決められます。

Wowooの運営がトークンの管理を行う一方で、トーク保有者にも投票権を与えて公平性を保っています。

 

仮想通貨最新情報公開!仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」チームメンバー公開

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」のチームメンバーを紹介します。

下記メンバー以外にもアドバイザーの方々もいらっしゃいます。

 

f:id:while8f_tornado:20180904125908j:plain

仮想通貨最新情報公開!仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」上場取引所情報

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」が上場した取引所「BIT-Z」について情報を公開していきます。

 

2016年に開設されたBit-Zという取引所は、会社名、代表者などはは発表されていなく、一切不明となっています。

Bit-Zは中華系の取引所で香港、シンガポール、北京に拠点を持ちます。

 

f:id:while8f_tornado:20180602161758j:plain

BIT-Z特徴

  • 取り扱い通貨数:83種類
  • 入出金手数料:無料※出金時は別途取引手数料 メイカー・テイカーともに一律0.1%
  • トレードの種類:現物取引 OTC相対取引
  • 通貨ペア BTC建て:74種類
  • ETH建て:41種類
  • DKKT建て:4種類
  • アプリ:iOS版、Android

 

仮想通貨最新情報公開!仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」最新情報

 

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」が上場するまでにどの様な活動をしてきたのか?原文と翻訳文を併せてこれまでの情報を一斉公開していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20180416182742j:plain

 

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、仮想通貨を同社が提供するサービス上で取り扱うこと、ならびにICOInitial Coin Offering)の実施に関する検討の過程において、今回金融庁に対し仮想通貨交換業の登録申請を行うことを決定した事を発表した。

 

引用元:ベンチャータイムス

 

venturetimes.jp

 

  • プレトークンセールが12分で完売のWowBitトークン(WWB)、近日配布と公式サイトより発表

OKWAVEグループが出資するICOプロジェクト「Wowoo」の公式サイトより、WowBitトークン(WWB)が近日配布されることが発表された。

Wowooプロジェクトの評議会には、仮想通貨業界の第一人者ロジャー・バー氏、中国のパブリック・ブロックチェーン・プロジェクトNEOの創業者でCEOのDa Hongfei氏などが参画しており、今後も注目のプロジェクトとなる。

公式発表の原文は以下

親愛なるWowooコミュニティ
ホワイトリストに登録されている人々にすぐにWowBitトークン(WWB)を配布する予定であることを発表することは、私たちの大きな特権です。
私たちはこれがWowooコミュニティにとってこの最初のステップになることに非常に興奮しています。
すぐに発表されるプラットフォームとエキサイティングなプロジェクトのさらなる発展を楽しみにしています!
Wowooチーム

 

引用元:ベンチャータイムス

venturetimes.jp

WowBitがすぐに上場予定!

WowooエコシステムWowBit(WWB)のネイティブトークンを一覧表示することを現在目指している6つの世界的な取引所のうち、業界に大きな影響を及ぼしている確認書を正式に受け取りました。

新規ユーザーがExchangeサービスに参加するためのキャンペーンが開催され、数日以内詳細の発表を予定しています。

ブロックチェーン業界への参加を希望するさまざまなプロジェクトから連絡を受けているので、生態系にWowBitの高い流動性を確保することが重要であると考えています社会のために。

他の取引所の上場についてもコミュニティを最新の状態に保ち続けることを楽しみにしています。

Wowooチーム

 

WowBit soon to be listed!
We are pleased to announce that out of 6 global exchanges that we are currently aiming to list our native token of Wowoo ecosystem, WowBit (WWB), we have officially received confirmation from one exchange that has great impact in the industry and will be listed shortly.

There will be a campaign held for new users joining the exchange service, and we should be able to announce further about it within few days!

As we receive numbers of contacts from different projects that wishes to join the blockchain industry, we believe it is important to secure high liquidity of WowBit in our ecosystem, so that we will be able to accelerate the community and support many projects that would change our society for the better.

Kindly look forward as we will keep our community updated about listing on other exchanges too.

Wowoo Team

 

引用元:Wowoo公式サイト

 

BIT-Zに掲載!

WWBトークンが2018年5月15日にBit-Z(https://www.bit-z.com/)で最初の上場を行うことを発表することは、私たちの名誉です!
我々は、6つの取引所の中で深く検討し、Bit-Zの長期的な評価を優先させることを決めました。

Bit-Zは、香港、北京、シンガポールでのファンダメンタルズを有することから、業界で大きな可能性を秘めています。これは、中国語と英語圏のユーザーの間で最も信頼できる交流の1つです。エクスチェンジは非常に低い取引費用をユーザに提供します。これは、世界中のアルケイントレーダーがこの取引を好むもう一つの理由です。

私たちは現在、400,000WWBをリリースする予定のトークンボーナスキャンペーンの準備中ですので、まだ詳細を発表する予定ではありませんので、取引所にまだ登録していないユーザーには、キャンペーン。

あなたのWWBトークンはまだ取引所に預けることができないことに注意してください。これはこのトピックに関する次の発表の後になります。また、Bit-Z口座の登録、貿易、管理などの方法については、お問い合わせメールにご連絡ください。

 

 

下記が公式サイトの発表文になります。

LISTING ON BIT-Z!!
It is our honour to announce that WWB token will make its first listing on Bit-Z (https://www.bit-z.com/) on May 15th, 2018!!
We deeply considered out of the 6 exchanges we had great discussion with, and have decided upon prioritising long term valuation of Bit-Z.

Bit-Z has a great potential in the industry, as having its fundamentals in Hong Kong, Beijing and in Singapore, it is one of the most trusted exchange among users of both Chinese and English speaking area. The exchange provides a very low charges for its users for trading, which is another reason why worldwide altcoin traders prefers this exchange.

We are currently under preparation of a token bonus campaign, which will be releasing as much as 400,000WWB and will be announcing the details soon, so we recommend users who have yet not registered to the exchange to kindly wait until we provide further announcement on the campaign.

Please do note that you cannot deposit your WWB tokens in the exchange yet, and this will only be after our next announcement regarding this topic. Also, please refrain from contacting our contact emails about how to sign up, trade, and manage, etc. of your Bit-Z account, as these questions can only be answered by the exchange themselves.

Warmest regards,

Wowoo Team

 

 

引用元:Wowoo公式サイト

 

Wowoo Entertainment

私たちはブロックチェーン技術を社会に浸透させるために重要な役割を果たす重要な引き金の一つがエンターテイメントを介していると考えています。

「エンタテインメント」は人間の本能に直接つながり、人々を集める力を持っています。文化のこの部分では、しばしば批判されず、利害が存在する場所や利便性のために重要な要素が存在しますが、単に私たちが感じる楽しさです。

ブロックチェーンは、利便性の拡張だけでなく、信頼とコンセンサスの哲学を伴う技術であるため、社会自体を受け入れて変更する必要があります。したがって、私たちは私たちが対話し、より気軽に、我々は我々のプロジェクトを開始し、エンターテインメント部門は我々が努力を置くことを決めた1つの業界だったので、技術の受け入れを開始できるようになるいくつかの方法を議論してきた。

我々はすでに成功してきたようにアジアで放送されたテレビシリーズのリリースを支援し、オンラインメディアを通じて感謝の念を表するトークンを送っている約100万人の視聴者を記録し、さらに「Wowoo Entertainment」プロジェクトをリリースする予定です。

食品、スポーツ、旅行などの主要なエンターテインメントコンテンツと相互作用するICOプロジェクトを支援することを別にして、現在映画/メディア業界をサポートする独自のブランドプロジェクトを立ち上げる予定です。我々は、世界的な映画コンテンツをリリースする大手制作会社の代表者との最終的な調整を行っている。

プロジェクトに関する今後のお知らせをお待ちしております。

Wowoo Entertainment
We believe that one of the key trigger which will play an important role to permeate blockchain technology into our society is via entertainment.

“Entertainment” is directly linked to our human instincts, and has the power to gather people together. Often in this part of the culture, one’s differences are not criticised, and the important element exist there is not where interests lies or for the sake of convenience, but simply the enjoyment we feel.

As blockchain being a technology of not only an extension of convenience but also involving philosophy of trust and consensus, it would require our society itself to change to accept them. Therefore, we’ve been discussing several ways which would allow us to interact with and start to accept the technology more casually since we started our project, and entertainment sector was one industry we decided to put effort in.

As we’ve already succeeded in supporting the release of a TV series which were broadcasted in Asia and recorded nearly 1 million viewers, which involved a scene of sending tokens to show gratitude via online media, we are planning to take our activity further to release “Wowoo Entertainment” project.

Apart from supporting ICO projects interacting with some major contents of entertainment, such as Food, sports, travels, etc., we are currently planning to set up our own brand project to support the movie/media industry. We are on final adjustment with a major production company representatives to release world-class movie contents.

Please look forward to the further announcements on the project.

 

引用元:Wowoo公式サイト

 

グローバルブロックチェーンサミットに参加2018

Wowoo PteのCEO、Fujimaru Nichols Ltd.は、6月24日にマニラのGlobal Blockchain Summit 2018マニラで講演を行います。

フィリピンのロドリゴ・デューテット大統領、国際的に有名な多くの専門家と学者、そしてサミットでは世界的な着陸でのブロックチェーン技術の向上を促進する何百人もの業界リーダーの存在など、各国の政治家の存在があります。

すでにWowooはフィリピンに第2の子会社を設立しているため、地方政府との関係を拡大し
、最も成長している国のブロックチェーンの機会を拡大するためのアイデアを交換する絶好の機会になると考えていますアジアで。

http://1hw.com

Attending Global Blockchain Summit 2018

Fujimaru Nichols, the CEO of Wowoo Pte. Ltd. will be speaking at Global Blockchain Summit 2018 Manila on June 24th.

There will be presence of Politicians from different countries, including President Rodrigo Duterte of the Philippines, a large number of internationally renowned experts and scholars, and hundreds of industry leaders at the summit to promote the blockchain technology better in the global landing.

As Wowoo is already in course of setting up a 2nd subsidiary company in the Philippines, we believe it will be a great opportunity to expand our connections with the local government and exchange
ideas in order to scale the blockchain opportunities within one of the most growing country in Asia.

http://1hw.com

 

引用元:Wowoo公式サイト

 

Bitcoin.comによるパートナーシップ

Wowoo PlatformとBitcoin.comが戦略的パートナーシップを組んで、ブロックチェーンの空間をさらに研究し、貢献することを発表することは、私たちの名誉です。

パートナーシップの第一歩として、近い将来、ウェブサイトの両サイドでエアドロップキャンペーンを実施する予定です。私たちは、ブロックチェーン技術の本質を、業界にまだ関与していない人々を中心に、より広範な人々に広めることが重要だと考えています。飛行機は、この分野に参入し、最も有効な支払いソリューションであるBitcoin Cash(BCH)とWowooプロジェクトのネイティブトークンであるWowbit(WWB)を獲得する新しいユーザーをターゲットにして新しい来るべき社会の旅。

さらに、来年夏にベータ版がリリースされる予定のWowoo Platformと、来年フルバージョンを使用するための支払い方法としてBitcoin Cash(BCH)の将来の実装に取り組む予定です。また、BCHと今後のWowooプロジェクトのコラボレーションについて検討します。

Wowooは、ライブユースケースを増やすために、ブロックチェーン空間で魅力的で社会的に評価されたプロジェクトを歓迎することを目指しているため、すでに10以上のプロジェクト契約を締結しています。宇宙の人々の

私たちは、BCHとWWBがこれらの来るWowooプロジェクトだけでなく、人々のために新しい社会を奪うための新しい可能性を開拓するための一般的なスペースにも大きな相乗効果をもたらすと確信しています。

以下は、Bitcoin.comのCEOであるRoger Verのコメントです。

Bitcoin.comはWowoo Pte。Ltd.と提携してうれしく、Bitcoin現金とWowooプラットフォームのパートナーシップは、暗号スペース。

WEB:Bitcoin.com

Partnertnership with Bitcoin.com
It is our honour to announce that Wowoo Platform and Bitcoin.com are making strategic partnerships to study and contribute further to the blockchain space together.

As a first step of our partnership, we are planning to run an airdrop campaign on both sides of the website in the near future. We both believe that it is important to spread the essence of the blockchain technology to wider range of people, mainly towards those who are not yet involved in the industry. The airdrop will be targeting new users who are willing to step in to this field, and in return earn the most valid payment solution, Bitcoin Cash (BCH), and the native token of Wowoo project, Wowbit (WWB), to start their new journey in the coming society.

Furthermore, we will be working on the future implementation of Bitcoin Cash (BCH) as a mode of payment to use Wowoo Platform, which the beta version are scheduled to be released this coming summer, and full version next year. We will also consider varieties of collaboration of BCH and coming Wowoo projects.

As we as Wowoo aims to welcome inspiring and socially-appreciated projects in the blockchain space to increase more live use cases, we have already made over 10 project contracts, which mostly involves well known entities or services worldwide and are prospected to bring in large number of people in the space.

We are confident that BCH and WWB will have a great synergy in not only these coming Wowoo projects, but also the space in general to open up new possibilities to seize a new way of society for the people.

Below is a comment from Roger Ver, the CEO of Bitcoin.com of this partnership:

"Bitcoin.com is happy to partner with Wowoo Pte. Ltd., and I believe partnership between bitcoin cash and Wowoo platforms will be a new milestone in the crypto space."

WEB: Bitcoin.com

引用元:Wowoo公式サイト

 

 

Wowoo Platformβ版リリース

youtu.be

Wowooプラットフォームのコンテンツのサービス運営者(プロジェクトプロデューサー)を、Wowooエコシステムの主要な柱の1つになるβバージョンとして運用開始することができたことを発表したことを嬉しく思います!

Wowooプロジェクトの目的は、アイデアを持った人が誰でも新しいトークンを発行したり、ブロックチェーン技術を利用してより良い社会づくりに貢献できるコミュニティを構築することです。Wowoo Platformは、プロジェクトを簡単かつ簡単にサポートできる機能を備えています生産者は成功したICOを実行する。

現時点では、このサービスは契約されたサービスオペレーターのみが利用可能であり、近いうちにメインネットとしてサービスを開始する予定です。ブロックチェーンの分野でよく議論されるように、私たちは、ブロックチェーンと相互作用するだけでなく、最も重要なことに外部社会に良い影響を与えるライブサービスを提供することを強く信じています。最初の一歩を踏み出す 今後数ヶ月でさらに多くの機能や言語を追加する予定ですので、まもなく公開レビューのための特別なプラットフォームをリリースすることを約束します。
βバージョンのサンプルビデオを掲載していますので、ぜひお楽しみください。

Wowoo PteのCEO、Fujimaru Nichols Ltd.コメント:
「私は人生で呼吸の瞬間を見て、想像以上に世界を変えるかもしれない製品を見て、私の人生ではとても興奮したことはありません。Wowoo Platformはトークンを生成するだけではありませんが、その本質はその設計にあり、設計は考慮事項から来ています。

Wowoo Platformのデフォルト言語は「インスピレーション」、「感謝」、「愛」であるため、私たちは友人である「テクノロジー」の助けを借りて、立ち上がり、世界を変えるチャンスを持つ誰もが将来を信じています。この分野に加わるすべての人をサポートする最も簡単で強力な手段を作るために取り組んでいます。我々は業界のすべてのAZをカバーすることに自信がありますが、これは実際問題ではありません。むしろ、地球上のすべての人に読めるようにしています。私たちはそれを達成できる唯一のプロジェクトだと私は知っています。

私たちのサポーターとパートナー各位に感謝し、私たちのサービスのさらなる立ち上げを楽しみにしています。

 

 

WWBトークンがCoinExに掲載される

 WWBトークンが公式にCoinEx(https://www.coinex.com/)に掲載されることを発表することに興奮しています。CoinExは主要なデジタル通貨交換の1つであり、英語、日本語、中国語(簡体字)、繁体字中国語のサービスを運営しています。現在、CoinExは100以上のデジタル通貨取引ペアを提供しています。

CoinExは、2017年12月にグローバルかつ専門的なデジタルコイン交換サービスプロバイダとして設立されました。CoinExのコアチームは、R&D、グローバルオペレーションおよび業界での豊富な経験を誇る、初期の採用者や暗号化の専門家を含む、世界をリードするインターネットおよびファイナンス企業のチームです。CoinExは、ほぼ100の国/地域でグローバルな取引サービスを提供しています。

WWBトークンがBit-Zで最初に上場した後、私たちは多くの世界的なデジタル通貨交換について議論し、Wowooの長期的な事業推進を目指す第2のリストとしてCoinExを慎重に選択しました。

CoinExのリスティングとキャンペーンに関する詳細は、すぐに発表されます。まもなく、WWBの流動性を高めるために、他のリスティングやその他の活動に関する最新情報を発表する準備をしています。

 

 

Wowoo Exchangeに関するアップデート

f:id:while8f_tornado:20180904130107j:plain

Wowoo Exchangeは、Wowooの生態系の中で、世界で主流になるトークン経済の流動性を最大化することに貢献することを目指すプロジェクトです。

コンセプトとして、私たちは、ヨーロッパ、SEアジア、米国を中心に、FC、PLP、JVの形で世界各地に交流を広げていきたいと考えています。また、私たちは、取引所での通貨とセキュリティトークンを扱い、取引所のKYC手続きと他のWowoo ICOプロジェクトを組み合わせることも検討しています。

Wowoo Exchangeは、金融と国際ハブの国として知られているだけでなく、ブロックチェーンと暗号侵害の開発にも親しみやすいシンガポールに由来します。現時点では、現在MASからの相談を受けており、財務ライセンスの申請中です。コンプライアンスとセキュリティに関する厳格な検査とレビューは最終段階にあり、現在香港、英国、米国、ラトビアでの取引所の開設を進めています。

詳細な体制を構築し、世界各地の市場を広域に広げるために、9月中旬にWowoo Exchange Token(WWX)を公開し、交換サービスのリリースを目指しています2018年10月の終わり頃にオープンしました。

当社のプロジェクト基盤構築プロセスは非常にうまくいっていますが、財務と暗号化に関する世界のさまざまな規制に対応する必要がありますが、ウェブサイトとホワイトペーパーを更新して、この中でプロジェクトに関する詳細情報を公開する予定です。

 

ZENトークンセールがオープン!

f:id:while8f_tornado:20180911095628j:plain

Wowoo製作プロジェクト "ZEN"は、2018年9月5日11:00 UTC + 0100から正式にトークン販売を開始すると発表しました。

ZENはブロックチェイン技術と人工知能を利用した新しいタイプのサービスにより、より簡単な形で世界に寄付を行います。

このプロジェクトは、私たちの生活にもっと馴染み深い寄付欄を強化すると考えており、世界中の感謝の意を表しているWowooプラットフォームの究極のユースケースの1つです。

詳細はhttps://zen-foundation.com/をご覧ください。

 

 

 ACUとのコラボレーション(アメリカ保守組合)を発表

f:id:while8f_tornado:20180925145515j:plain


思い出に残る一日が来た!今日、Wowoo Platformをベースにしたアメリカの共和党の最大のサポーターであるACU(アメリカ保守組合)と協力することを発表することは大変光栄です。
この時点から、米国との関係を強化し、これはWowooだけでなく一般的なブロックチェーン技術の歴史的出来事だと考えています。

1964年に設立されたACUは、大統領選挙と予備選挙に向けた驚異的な権力を持つすべての保守的組織のリーダーとして機能する最古の影響力のある保守的組織です。さらに、シンクタンクとして働く米国保守派連合(ACUF)とACU-PAC(American Conservative Union Political Action Committee)のメンバーであるACUF(American Conservative Union Foundation)は、保守的なアイデアや政策を積極的に社会に広めている。政府、議会、州議会、そして政治家候補者、ロビー活動、ソーシャルメディアを通じたレベル。再び、国防と自らの自由、責任、大会全体の力を優先するACUの方針は、社会内の保守派への影響を広げている。

https://conservative.org/

ACUのアジアグループは、Wowoo Platformに基づいて自由に焦点を当てたICOを実施します。ACUとの協力は、暗号侵害に関する規制がまだ検討されている米国だけでなく、社会にも大きな影響を与えるでしょう。私たちは、これが歴史の変化に向けた最大のステップとなると確信しています。そして、これまでに想像もできなかったほどの価値を、世界中に広めていきます。

さらに、WowBit(WWB)保有者の場合、近い将来に航空宇宙飛行が行われます。
プロジェクトと航空写真の詳細は、それに応じて発表されます。
経由でアップデートを追跡してください電報、ツイッター(@WowooHQ)、および詳細は当社Webサイトをご覧ください。

 

SACシステムの開発と新しいトークンの発行


今日我々は、サポーターにとって非常に重要な最新情報を発表することに興奮しています。

Wowooプロジェクトは2017年からスタートし、スタートアップとしてこれまでに成し遂げたことから、Wowoo Platform Serviceの中核技術の1つであるスマートアクティブコントロール(SAC)特徴。
この技術は革命的なシステムを開発することを目的としていますが、複雑なスマートコントラクトの開発は誰でも容易に行うことができます。Blockchain技術を使用することで、SACは、特別な決済システムとCovenantsコントロールをカスタマイズすることができるなど、新しい社会で「クレジット」を交換するための真の公正な手段を体験できるようになると考えています。

SACシステム開発に関しては、当初はNEOプラットフォームに構築する可能性を検討してきましたが、最初はTPSの高速化とコミュニティの成長のためにNEOブロックチェーンに切り替えましたが、現時点ではNEOプラットフォーム上に構築する必要があります。たとえば、米国やマレーシアの政府関連プロジェクトをサポートするためにこの機能が必要になるため、ここでは唯一のオプションであるEthereumプラットフォームでSternetシステムを開発し、メインネットブロックチェーンをリリースするまで発表します(予定2019)。

この変更により、我々はERC20標準トークンとしてEthereumブロックチェーン上に新しいトークンを発行する予定です。
私たちのコミュニティプロジェクトのエアドロップを受け取り、感謝の気持ちを表す方法として交換できる、ユーザー側ではなく動作する現在のWowbitトークン(WWB)と比較して、発行される新しいトークンは主にプロジェクトオーナー(トークン発行者)に利益をもたらすトークンとして配布されます。

最近の暗号市場の状況が重要なので、ICOトークンの真の価値が今求められています。我々はすぐに来るであろうブロックチェーン時代の新たな壮大な開放に際立って評価されるであろうサービス開発に優先順位を付ける。

私たちは、WWB所有量に応じて、プロジェクトを信じて貢献したユーザーに、新たに発行されたトークンを提供します。クロスチェイン技術は未だ開発されていないため、このエアードロッピングのプロセスを自動化することはできませんが、今年はうまくいって特別なウェブサイトを1年以内に開設する予定ですので、今後のアップデートをお待ちしております。

皆様のご支援に感謝いたします。

 

WWBCトークンに関する追加情報を公開

 

Wowooチームはコミュニティの信頼と透明性を高めるため、新しいトークンWowbit Classic(WWBC)の発行に関する追加情報を正式に発表することにしました。

9月25日に発表したとおり、私たちの新しいトークンWWBCは、コミュニティの拡大のために追加発行され、さらにいくつかの条件でWWB所有者に付与されます(エアドップ)。

発行条件:
- 私たちは、WWBCに関する事前販売またはクラウドセールを行いません。

- WWBCの性質上、WWBCは取引可能でなければなりません。しかし、それは主に私たちのコミュニティ内のプロジェクトオーナー向けに発行されているため、供給は厳密に管理されます。

グラント(エアドループ)条件:
- グラント(エアドロップ)率は最大3 WWBCの1 WWBになります

- これはWWB保有者全員に無条件の助成金(エアドップ)ではありませんが、WWB保有者にはプログラムへの参加に大きな負担をかけることはありません。Wowooは、コミュニティを改善することを望む人にいくつかの行動を求める。たとえば、私たちのプラットフォームを登録したり、twitterに従ったりします。

- 9月8日に発表したプラットフォームにWWBを入金しなければなりません。詳細は、それに応じて発表されます。また、NEOおよびEthereumのクロスチェーン付与技術(エアドロップ)はまだ確立されていません。したがって、ユーザーのWWBを管理するためのプラットフォームを最初に作成する必要があります。この付与は、プラットフォーム開発スケジュールに基づいて今年末に行われる予定です。

- この付与により得られたWWBCの販売制限(ロックアップ)があります(エアドップ)。

- Wowooコミュニティー内の主に回覧されたトークンは、ユーザーごとに、そして常にWWBになるでしょう。

WWBCを発行する主な目的はSACの発展を加速させることであり、米国とマレーシアを含む政府関連プロジェクトの実現可能性が大幅に高まるだろう。ご理解とご支援をいただきありがとうございます。すぐに詳細な情報をお知らせします。

 


仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」新しいトークン、Wowbit Classicの詳細説明を公表

詳細は下記ベンチャータイムスにて

venturetimes.jp

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」がFAN Bettingホワイトペーパーを公開

Wowoo製作プロジェクトであるFANベッティングプロジェクトは、ホワイトペーパーを公表し、ウェブサイトを更新しました。


FAN Bettingは、ブロックチェーン上の総合スポーツエンターテインメント管理プラットフォームです。FAN Bettingの中心的なアイデアは、スポーツ選手、クラブ、ファン、メディア、広告主、スポンサー、その他の利害関係者に、より深い関与と関与のための高度なツールとインセンティブを提供する相互作用システムを構築することです。ファンは、テレビで試合を見ながら、好きな選手やクラブに参加、分析、批評、幻想、賭け、接続することができます。

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」がFANベッティング(FANBTG)の支払いに利用可能

WWBがFANベッティング(FANBTG)の支払いに利用可能であることを発表することは、私たちの名誉です。ただし、ホワイトペーパーに記載されていません。この発表は、為替レートの議論とWWBを使用するための割引率のために遅れた。合意したら、できるだけ早く情報を更新します。

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」、LESプロジェクトがWowoo Platformを使用して実施すると発表

9月初めに発表したように、私たちはACU(American Conservative Union)との関係を強化するために取り組んでいます.ACUは、独自のBlockchainプロジェクトを開発するためにシステムを使用します。

本日、Liberty Ecosystem(LES)プロジェクトが正式にLiowty Ecosystem PteのWowoo Platformを使用して実施されることを発表します。(シンガポール)と協力して、この決定の重要な要因は、Wowooプラットフォーム内のSAC(スマート・アクティブ・コントロール)システムを開発中であることによるものです。

LESプロジェクトでは、ブロックチェーントークンを使用して、世界保守的ガバナーの方針と議会での投票行動を評価し、支援します。元トークンは、政治家の保守的な程度を評価するためにサポーターによって使用される予定であり、SACシステムはこの開発にとって最も重要な要素の1つになると期待されている。

最近のブログ記事で説明したように、トークショーを開発するためにWowoo Platformにサインアップし、SACシステムを使用したいプロジェクトは、Wowooプラットフォーム内でWowbit Classicに料金を支払う必要があります。私たちは、SACシステムを必要とするプロジェクトの数が増えるにつれ、Wowbit Classicの需要は将来的に増加すると考えています。

ウォービット・クラシックのエアー・ドロップはWowbitトークン(WWB)保有者向けに最大1:3の比率で行われますが、LESプロジェクト・トークンもエアー・ドロップする予定です。

このエキサイティングで世界を変えるプロジェクトについてのさらなる発表を楽しみにしています!

 

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」、Four Nineに関する最新情報を公開

私たちは、すでに交換所に上場しているLIFEXとZENを含むさまざまなICOプロジェクトを支援しています。今日、私たちは、公開されているFour NineプロジェクトがWowoo PlatfromでICOを実施しないことを知らせなければなりません。

エコシステムの充実に向け、さまざまな視点から多くのプロジェクトに協力してきました。私たちはFour Nineプロジェクトのユーティリティートークンの目的のために私たちのプラットフォームを離れるという要求がWowooの目標とは異なることを受け入れました。

フォーナインプロジェクトが成功することを願っています。ホワイトペーパーとともにウェブサイトが更新されたので、プロジェクトはまだ進行中です。詳細はFour Nineの公式サイトをご覧ください。

https://four9.gold/

最後に、未公開プロジェクトを含む10以上のWowooプロジェクトがありますので、今後の更新をお待ちしています。

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」、クラウドマイニングのための受け入れについて公開

WWB保有者のための新しいサービスの創造は私たちの毎日の配慮です。良質のサービスを提供するだけでなく、これらのサービスを維持し、アップグレードすることは私たちの義務です。

今日では、WWBを受け入れるクラウドマイニングサービスのリリースにいくらかの遅れがあることをお知らせしたいと考えています。9月にサービスを発表したので、私たちはまだWWBトークンで特にカスタマイズされた新しいマイニングオプションを開発しており、パフォーマンスの効率を高めて製品のテストを開始することができました。

前述のように、この時点での基本的な構造は、Wowooが提供するWWBをOKfinc mempool(OKfinc LTDが運営している)に預けることであり、帰還ユーザーは非常に高い仕様の鉱山機械でクラウドマイニングの機会を得ることができます。したがって、ユーザーは採掘結果に応じて利息を得ることができます。

私たちはこのマイニングシステムが、ウォーホーの生態系における重要な要素の1つになると信じています。異なるタイプのブロックチェーンが今後のトークン経済において役割を果たすことが期待されています。

現在、OKfincのサポートにより、鉱業の業績をさらに向上させることが期待される別のテストを実施しており、世界中の同等かつ便利なサービスを提供する法的構造を明確にしています。

さらに、我々は、高性能鉱山機械を購入するためにWWBを受け入れるための追加オプションを提供することを検討している。

今後、クラウドマイニングサービスの公開日について発表いたします。

 

 仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」、ColdLarウォレットに受け入れられたと発表

 

私たちの目標の1つは、日本や中国のブロックチェイン会議を含む多くの会議に出席し、アジア各国から世界各国との関係を広く受け入れられるようにすることです。今日、私たちはWowBit(WWB)がColdLarウォレットによって受け入れられる最初のNEP-5標準トークンであることを発表することに興奮しています。

ColdLarウォレットは、パートナー、Huobi、BITMAINなどと専門的なブロックチェーンのデジタル資産保管ソリューションを提供することに特化した、北京Coldlar情報技術有限公司によって開発された世界でも最高のコールドウォレットです。

https://www.coldlar.com/

ColdLarウォレットは、完全にインターネットから分離されたコールドハードウェアウォレットで、ハッカーを防ぐためにネットワークに接続されることはありません。ColdLarアプリケーションは、iOSAndroidの両方で利用でき、ColdLarウォレットは暗号化通信を管理するための完全なセキュリティを提供します。

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」、神宮外苑いちょう祭りのスポンサー&社会実験を発表

f:id:while8f_tornado:20181127094919j:plain

WowooがJingu Gaien Ichou Festival 2018のスポンサーになることを発表することは私たちの名誉です。

Jingu Gaien Ichou Festivalは、東京で開催された秋の祭典です。神宮外苑は、明治天皇の記念施設であり、肉体的、精神的健康を向上させ、偉大な文化を広めるためのフィールドを提供したいと考えて建てられました。日本の最も尊敬されている神社の一つである明治神社の一部であり、このフェスティバルの間に約200万人が訪れ、メイドヘアの木の紅葉を楽しむことができます。

Wowooは、さまざまな業界でブロックチェーンテクノロジーを活用することを目指すブロックチェーンコミュニティであり、一般的な利便性を向上させるだけでなく、素晴らしいアイデアや文化を保存し、拡大し、信用するために、将来を話すことができた日本文化の中心となるブロックチェーン

人の基礎のいくつかの例は文化であり、信じています。日本の神道では、多くの人が自分の内面に向かって時間を過ごし、寄付して祈るために神社に行く。私たちは、これらの分野で新しい形態の透明なシステムを開くためにブロックチェーンを利用する可能性について議論してきました。その結果、私たちは自信を持ってこのイベントをスポンサーするとともに、私たちの生活に根ざしたブロックチェーンと文化を結びつけることを目指す社会実験を実施することに決めました。

イベントでは、人々が祈りや寄付をすることができる特別イベントを開催します。彼らの祈りはアンケートで取り上げられ、人々が実際に祈っていることを視覚化するために公に公開される。寄付はトークンで100%行われ、日本全国の災害地の再建を支援するKIZUNAプロジェクトに寄付されます。

https://www.kirin.co.jp/csv/kizuna/

このイベントが成功すると、私たちはパートナーとともに神道準拠のブロックチェーンプロジェクトを作りたいと考えています。生成されたトークンは、ネイティブトークンWowbit(WWB)の実際の値をインバウンドトークンとして潜在的に増加させます。私たちは、将来の協力を通じ、積極的に私たちのトークンに対するより多くのそのような着信要求を整理します。

このイベントを通して、私たちはブロックチェーンの可能性を模索し、近い将来にさまざまな場面で偶然に使用される可能性のあるこの技術の潜在的可能性を普通の人に伝えたいと考えています。Smart Active Control(SAC)は、Wowooで構築しているコアシステムの1つであり、人々がスマートコントラクトとブロックチェーン上のメッセージングを利用できるようにします。そして、これがより多くの産業にとって。

このフェスティバルは、11月16日から2018年12月2日まで、東京で開催されます。

 

 仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」、Wowoo ExchangeのKYC承認プロセスの開始日を公開

 

Wowoo ExchangeのKYCの承認プロセスが25開始され番目、今月に。

Wowoo Exchangeは、世界最高レベルのセキュリティを実現し、グローバルな交換として健全な運用を提供しようとしています。KYCは、高い匿名性を持つ暗号化交換の分野において、不正使用やマネーロンダリングを防止するために最も重要な役割を果たすと考えられています。

Wowoo Exchangeは、取引所の口座開設にYOYのKYC承認システムを使用します。

Wowoo Exchangeトークン(WWX)は、承認されたアカウントに応じて配布することができます。プロセスの詳細は別途発表されます。

〜KYC承認制度についてYOTI〜

YOTIは、数秒以内にIDとマルチファクターの承認を完了できるデジタルアイデンティティプラットフォームです。YOTIは、高度な技術、堅牢なセキュリティと柔軟な開発能力を備えた多数の企業から良い評判を得て、ロンドンの基地からインドネシアと米国に手を差し伸べました。

https://www.yoti.com

このシステムを採用することで、複数の取引所間でワンストップでの承認を行い、セキュリティを提供し、ユーザーの利益として手続きを簡素化します。

Wowoo Exchangeの最終的な目的地は、20カ国以上からの多数の暗号化通貨と決済通貨を扱う予定です。取引所は、各国からのセキュリティ取引など、様々な種類のライセンスを取得する準備をしており、セキュリティトークンの処理を可能にする。また、STO支援システムの導入が計画されている。Wowoo Exchangeの活動に注目してください。

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」、LIFEXトークン・オファリングのファーストフェイズ完了を発表

 

フェーズ1のLIFEXトークンの提供が終了したことをお知らせします。

LIFEXプロジェクトは現在、エンジェル投資家やプリセールスの支援を受けてプロジェクトを進めることができます。

関連するメンバーの相乗効果により、LIFEXは広範囲に及ぶことができます。また、ブロックチェイン分野にまだ存在しない新世代の医療プラットフォームを構築するために、LIFEXはリードタイムをより長く設定することを期待していました。暗号分野の事情を踏まえて、LIFEX計画の全体構想を構築することは難しいため、第1期として調達を終了する決定が下され、プロジェクト実現のための進歩が最も重要であると考えている。

したがって、LIFEXは発表しており、独自のブロックチェーンネットワークを構築し始めています。

開発は、OKWAVEの子会社であるOKEIOS Inc.のCEO、中村氏のコア評議会のチームによって運営されます。OKEISOのライフログ情報流通プラットフォームは、ブロックチェインと分散秘密ストレージ技術の組み合わせで、日本で高い評価を得ています。LIFEXは、その知識と様々な評議員の脳を利用して、信頼性、保守性、および利用性を備えた医療データを扱う最も効率的なLIFEXブロックチェーンネットワークを構築します。

ブロックチェインから得られたデータやその解析結果は、大宇宙での病気などの共通点を発見することで特定の医薬品や予防薬の開発だけでなく、再生医療やパーソナライズド・メディカルにも利用できます。

LIFEXは、ブロックチェイン技術から得られる大きなデータを世界に共有し、新薬の開発を強化することを目的として、長寿命、医療費の増加、医療上の負の影響などの問題を解決するソリューションを提供し、医療産業を改善し、拡大する。

https://lifex.bio/

異なる視点からより良い社会を創造するために、私たちは医療分野からの興奮をもたらすためにLIFEXをサポートします。サポートしてくれてありがとう。


LIFEXトークン・オファリングのファーストフェイズが完了し、LIFEXによる独自のブロックチェーン・ネットワークの開発を開始した

LIFEXは、寿命が延びたことによって発生している問題や医療費の高騰、そしてその他医療業界における様々な問題や弊害を解決すると共に、ブロックチェーン技術によって構築される膨大なデータを全世界に共有する事で、新薬の開発を促進し、医療業界の発展と改善を目指すそうです。

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」、ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEIにスポンサー企業として参加を発表

Wowooは、今日の世界の主要ファッションイベントの一つであるTAIPEIのASIA FASHION AWARD 2018のスポンサーになる予定です。

Wowooはブロックチェイン技術を世界に普及させることでより良い社会を創造することを目指しています。6月のエンタテインメントに関する我々の見解を発表したので、エンタテインメント業界は、境界を持たずに人々をつなぐ能力を持っているため、ブロックチェーン技術を世界中に普及させる上で重要な役割を果たすと考えています。
また、日本の伊藤祭りについては、ブロックチェインと日本の文化をつなぐ社会実験だけでなく、文化を越えた興奮の視覚化やサークルの拡大も実現しました。

台湾で開催されるイベントでは、世界に未来の文化を創出する衣服、音楽、芸術、テクノロジーなどのあらゆる種類のファッションを紹介しています。多くの有名人が参加しており、世界中の訪問者からの多くのトレンディな参加者がこのイベントで新しいトレンドを作り出しています。

https://asia-afa.com/

新たな一歩として、私たちはWowoo Entertainmentをサブプロジェクトとして推進し、将来の将来の活動の一部を発表する予定です。エンタテインメントプロジェクトの第一弾として、世界的に有名な傑作を数多く手がけた有名な日本の漫画家との共同プロジェクトを発表する予定ですので、このイベントを楽しみにしています。

さらに、ブロックチャイン技術を活用して、例えば実際のプロジェクトにカジュアルなアイデアを作成したり、クリエイターとサポーターとの間の新しい接続方法を開発したりするなど、エンターテイメント産業をサポートしたいと考えています。したがって、私たちはスマートアクティブコントロール(SAC)システムが近い将来に無意識に使用されることを希望して、コミュニティで発行されるWowbit Classicトークンを含む参加者に限定版ペーパーウォレットを引き渡します。

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」、「Wowooブロックチェーンコマース」の紹介を発表

 オンライン化が進んだことにより、近代のコマース産業は大半が例にもれず事業モデルをシフトし「Eコマース」としての進化を遂げています。2018年のBtoC型のEコマース市場は2.6B米ドルを超えると言われており、近年話題のCtoC型のビジネスも含めると中国・米国を中心に今後非常に伸び幅があると予測されています。

ブロックチェーン技術は世に初めてその姿を確認させる例となったBitcoinの原理にも示されている通り、「決済」手段として非常に有効であり、Wowooが支援するBitcoin Cashが利用できることでも有名なPurse.ioなど、仮想通貨とEコマースを結ぶサービスは今後ますます登場するはずです。

Wowooが手掛ける予定の新プロジェクトは、既存のEコマースビジネスのように一方から他社へ商品やサービスが流れることに留まらず、ブロックチェーン技術の持つポテンシャルを最大限に取り入れる予定です。

原則はフリーマーケットモデルをベースとする予定であり、出品者は商品、サービス、スキル、時間、不動産など幅広いアイテムを出品することが可能で、購入者はWowbit(WWB)を始めとする仮想通貨を用いた決済を可能にする予定です。

Eコマース市場の持つ数年の伸びしろを考慮しても、マーケットは時間の問題で飽和状態になり、またプラットフォームの多様化によって魅力ある商品も買い手とのマッチングが困難となり得ることから、ブロックチェーン技術の応用と仮想通貨決済を取り入れることで新しいマーケットを切り開くことが可能になると考えています。

現在交渉を進めているパートナーとの動きによっては、出品者は様々な通貨ペアが選択可能なウォレット管理を行うことができ、実質的なマルチカレンシー貯蓄なども行うことができるようになるかもしれません。

また、良いサービスや商品を有していても、既存の市場原理によって社会的弱者にカテゴライズされてしまうがために活躍ができないようなケースも、ブロックチェーンが起こしたように本当に良いものが繋がり広がっていくイノベーションを当てはめることで解決していくことが可能となるでしょう。

将来的には買い手のついた商品は同時に等価トークン化が行われ、実物の商品やサービスと暗号化された電子価値をセットで取引することのできるエンジンを搭載したプラットフォームを目指します。

現在パートナー企業との各種ビジネスモデルの調整や、リーガルレビュー等を行っており、2019年半ば頃までにβ版のリリース、2019年内にトークン発行機能も含めた本サービスを提供できるよう検討中です。

 

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」、協賛した2018神宮外苑いちょう祭りでの社会実験の結果を発表

 

この度、Wowooが協賛させていただいた2018神宮外苑いちょう祭りは天候にも恵まれ、昨年より多い約73万人にご来場いただき、大盛況のもと12月2日に終了いたしました。期間中、会場では15分に1度、Wowooのプロモーション動画が再生され、23日の点灯式にはFujiを含め、パートナーのOKWAVEが参加し、環境副大臣の秋元司先生に参加してもらいスピーチを行って頂きました。絆プロジェクトの皆様にもお集まりいただき、大いに盛り上がりました。また、Wowooブースへは3000名以上の方にご来場いただき、多くの方々が弊社の活動に関心を示してくださいました。皆様からの多大なるご支援を賜り心より感謝しております。

イベント中、Wowooブースにてブロックチェーンと我々の生活に根付いた文化とを繋ぐ社会実験を実施いたしました。ご来場者様には祈願や寄付にご参加いただき、祈願の内容はアンケート方式で集計いたしました。この集計結果は、皆様へ公開させていただくと共に、神宮の関係者達にも情報の共有をいたしました。また、寄付は日本国内のあらゆる復興支援を行っている【絆プロジェクト】へ納めさせていただきました。

アンケート集計結果
健康祈願:42.4%
金運上昇:23.9%
家内安全:17.4%
商売繁盛:5.9%
学業成就:5.7%
恋愛成就:4.7%

アンケート結果に対し、神宮の関係者達もこのように人々の願いが可視化される事は、人と人との心を繋ぐ力があり大変意義があると、ありがたいお言葉をいただきました。また、ブロックチェーン技術は、お寺や神社へ赴く事が難しい方々にも助けとなるものであり、新たな文化を創造できる事を楽しみにしておられます。

今後も神宮の関係者達と協力し、神道コンプライアントなブロックチェーンプロジェクトのプロデュースをいたします。そのようなプロジェクトにおいて発行されるインバウンド向けのトークンはWowooのネイティブトークンであるWowbit(WWB)の本質的な価値を高める可能性が高く、我々は今後も提携事業においては引き続きアグレッシブにインバウンド需要を取り入れて参ります。

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」、AFAの活動報告とWowooエンターテイメントの取り組みについて発表

 

先日、12月1日台北にてアジアを代表するアーティスト、モデルが参加するアジア最大規模のイベント「ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEI」(AFA)が無事に開催され、国内外から多くの注目を集めました。弊社およびWowoo Exchangeのスポンサー活動も大変盛況でしたためこちらの活動報告及びWowoo Entertainmentの取組みについてお知らせさせていただきます。

当日は、人気チケットを入手できた来場者1500名と、テレビ生中継・生配信により500万人以上の視聴数を記録し大盛況となりました。会場には様々なエンターテイメントセクターからセレブリティが集まりました。台湾国内外で、800を超えるメディアに取り上げられ、ファッション、音楽、食などを通じてワンアジアから広がるエンターテイメント産業を照らしていくイベントとなりました。

ent.ltn.com.tw

www.niusnews.com

www.youtube.com

www.youtube.com

Wowooとしては、ブースの展示だけでなくステージにおいてWowoo Entertainmentについてご紹介させていただきました。
Wowoo Entertainmentとは、Wowooの立ち上げるサブブランドであり、世の中に普遍的に存在するエンターテイメントという文化とブロックチェーン技術を組み合わせることで、新たな拡張性を目指す取り組みです。具体的には各種コンテンツの協賛や物流・販促支援、知的財産管理などがあげられます。

メディアやコンテンツの多様化によって、たとえ良いものでも日の目を浴びづらくなってしまっているエンターテイメントをブロックチェーン技術を用いることによってサポートしたり、インターネットの成長によって違法に取引されてしまうコンテンツを保護する活動など、多岐に渡ってブロックチェーンを活用することが可能だと考えています。より身近なところでブロックチェーンが浸透することこそが、エンターテイメントの域をを超えて今後人々に多くのアイディアをもたらすきっかけになるはずです。

今回、Wowoo Entertainmentのプロジェクトの一環として、日本のほこる漫画家の巨匠、松本零士の手掛ける生誕80周年記念を祝った集大成プロジェクト「戦国のアルカディア」 へのご協力はじめ、エンターテイメントコンテンツの開発事業に参入して行きたいと考えております。

youtu.be

https://youtu.be/zNdnSkmDjwU

 

youtu.be

Wowoo Entertainmentは、先日発表させていただいたWowooブロックチェーンコマースプロジェクトとも親和性がありますので、来年はブロックチェーンがより一般的なものとして広がるよう両プロジェクトに力を入れて参りますので乞うご期待ください。

 

仮想通貨最新情報公開!仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」まとめ

 

f:id:while8f_tornado:20180904130107j:plain

今回は仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」とはどのような仮想通貨なのか?既に上場している仮想通貨ですが改めて特徴から上場情報まで、仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」の全てを公開しましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」がどの様な仮想通貨なのか理解していただけたかと思います。

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」は、ロジャー・バーとNEOの創業者が参画、「OKWAVE」が出資、BIT-Zにすでに上場と、期待できる要素が多い仮想通貨です。

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」が気になった方は今からでも遅くはありませんので注目してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨「Wowoo(ワオー)|WWB|Wowbit(ワオビット)」について新しい情報が公開され次第今後も追記していきます。

 

 

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発!?ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発!?ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20190115104338j:plain

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発!?ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

https://disciplina.io/index-jp.html

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

こちらの記事にも詳細が記載されています。

quanta-token.hatenablog.com

 

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発!?ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報!

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を紹介していきます。

f:id:while8f_tornado:20181218132200j:plain

データ公開の安全性を保証

 

DISCIPLINAプロジェクトは各教育機関に属する学生の成績データを収益化する機会を提供することによって、学業成績と雇用という分野において可能な限り便利で有益なものにすることを目標としています。
求人募集している雇用主はDISCIPLINAを通じて虚偽のない証明された学歴や成績結果を検索することが可能となり、興味のある学生候補者に関するデータにアクセスするために各教育機関へ閲覧料金を支払います。

このアイデアを正しく実現するにあたって、各教育機関が求人募集している雇用主に対して偽造データを売るといった、すべての詐欺や虚偽について検討し不正が行われないようにしなければ成立できません。

このような問題に対して、信頼できる仲介者がデータの転送を監視し取引資金を留保すれば避けられる事態とも考えられます。
しかし、「“optimistic fair exchange”」というアルゴリズムを利用すればそれ自体が審判として機能する為仲介者は必要なく常にオンライン上で監視する必要もありません。

実際には、先に説明した仲介者を必要としない「“optimistic fair exchange”」の様なデータ交換のためのデータ入力を行うことは複雑な作業といえるでしょう。このような状況でのデータ交換の統合をとっていく事はむしろ不確実になるといえます。
「“optimistic fair exchange”」の実装において、データ交換を行う2者間でお互いが不正をしない確実性を高めていくという事が特徴です。

DISCIPLINA開発チームの目標は、仲介者を必要としないP2Pネットワークにおいてデータ交換を行う双方の当事者が不正を働かず、虚偽のない事が保証されたデータ交換プロトコルを開発する事でした。その検討の結果ブロックチェーン技術の採用が決定されたのです。

次の記事では、DISCIPLINAのブロックチェーン技術の実際にどのように組み込んでいくのかについてお伝えします、ご期待ください。

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発!?ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:while8f_tornado:20181218131738j:plain

今回は、Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を解説していきました。

「“optimistic fair exchange”」というアルゴリズムを利用すればそれ自体が審判として機能するので安全性が保障されるそうです。

DISCIPLINA開発チームの目標は、仲介者を必要としないP2Pネットワークにおいてデータ交換を行う双方の当事者が不正を働かず、虚偽のない事が保証されたデータ交換プロトコルを開発する事で、その検討の結果ブロックチェーン技術の採用が決定されたそうです。

Cardano(カルダノ)の元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に今後も注目しておきましょう!

元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?上場情報など「ACDコイン」の基本を紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?上場情報など「ACDコイン」の基本を紹介!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

 

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」について、上場情報など「ACDコイン」の基本を紹介していきます。

f:id:while8f_tornado:20190115105735j:plain

 

ACDホームページ

https://acd-coin.hk

ホワイトペーパー
https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

 

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?

 

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」プロジェクトメンバー

『ACD』のプロジェクトメンバーは、政治・金融・経済のプロフェッショナル達で構成されています。
主なメンバーの詳細は下記の通りです。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の仮想通貨概要・トークンセール情報

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain



仮想通貨概要


トークンセール詳細

  • セール期間中の取得可能枚数: 3 億個
  • ACD の取得対価となる仮想通貨: BTC(ビットコイン)又は ETH(イーサ)
  • ソフトキャップ: 3000 万 ACD
  • ハードキャップ: 3 億 ACD
  • 販売期間: 2018 年 2 月 15 日から 2018 年 4 月 5 日
  • 販売予約受付期間
  • ・ 第1期プレセール: 2018 年 2 月 15 日~
  • ・ 第2期プレセール: 2018 年 2 月 28 日~
  • ・ 第3期プレセール: 未定
  • 交換レート
  • ・ 第1期プレセール: 1ACD = 23 円換算の BTC/ETH
  • ・ 第2期プレセール: 1ACD = 32 円換算の BTC/ETH
  • ・ 第3期プレセール: 1ACD = 未定

第1期、第2期プレセールは終了していますが、第1期プレセールでは、36分間で10億円が完売したそうです。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」特許技術

ACDは、「ACDプロジェクト」を支えるために特許技術を多数所持しているので紹介していきます。

・ 特許番号:特許第 6047679 号 (P6047679)「商取引システム、管理サーバおよびプログラム」
登録日 (発行日):2016/11/25 (2016/12/21)
・ 特許番号:特許第 6088100 号 (P6088100)「購入支援システム」
登録日 (発行日):2017/02/10 (2017/03/01)
・ 特許番号:特許第 6169296 号 (P6169296)「購入支援システム」
登録日 (発行日):2017/07/07 (2017/07/26)

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」上場情報

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」は、コインスーパー取引所にすでに上場しており、2018年12月28日16時より取引が開始されました。
取引ペアは、ACD/USD、ACD/BTCとなっています。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」ロードマップ

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」のACDプロジェクトロードマップは下記になります。

f:id:while8f_tornado:20190115105801j:plain

  • 2018年4月トークン配布
  • 2018年5月スケジュール発表 ※6月中旬より随時配信予定
  • 2019年ウォレットサービス開始
  • 2019年多国間にてインバウンドEC開始

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:while8f_tornado:20190115110036j:plain

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」について、上場情報など「ACDコイン」の基本を紹介していきました。
国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」は、元国務大臣など政治・金融・経済のプロフェッショナルが参画しており、特許も多数取得、ANA共同企業体、すでに上場済みと信頼できる仮想通貨だと思います。
国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!