元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!越境EC利用企業インタビュー「オイシックス」を発表!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!越境EC利用企業インタビュー「オイシックス」を発表!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

 

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain

ACDホームページ

https://acd-coin.hk

ホワイトペーパー
https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳細はこちら

http://quanta-token.hatenablog.com/entry/ACD/20190115

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

f:id:while8f_tornado:20190425101841j:plain

越境EC利用企業インタビュー「オイシックス」を紹介

オイシックス

2000年創業。企業独自の厳密な基準をクリアした野菜や果物などの農作物、無添加加工食品など安全性に配慮した食品・食材の宅配サービスを展開。2009年に香港進出。オフィス向けのサラダデリバリーサービス「Salad Oisix forオフィス」なども手掛ける。

https://hk.oisix.com/

 

高橋大就 様

オイシックス株式会社
執行役員 アライアンス/グローバル本部副本部長
海外事業部部長

マルチリンガルカート導入支援
会員優待機能カスタマイズ
中国語繁体字 | 日本語 | 英語

 

1. お客様の課題

1. 多言語に対応できることが必須条件だった。

2. プロジェクトの創成期にあり、共にサービスを具体化していけるアウトソーシング先を探していた。

2. 効果

● 規模の拡大に併せて、徐々にサービスを充実させることができた。
● 売上も上がり、さらなる改善を目指すための土台ができた。

Q. ネットショップシステム「マルチリンガルカート」をご利用いただいた理由は何ですか?

マルチリンガルカート」は、2009年の「Oisix香港」立ち上げ以来ずっと使わせていただいています。

そもそも我々が海外進出にあたり、ターゲットとしたのは地元の方々です。もちろん香港在住の日本人のお客さまも大切ですが、「豊かな食生活をより多くの方に」という弊社のミッションから照らすと、日本人のお客さまだけを相手にしていても意味がないと考えていました。

ですから大前提として複数言語に対応でき、費用対効果の高いこと。それから私たちに専門知識がなくても使いやすいというユーザビリティーの高いシステムであること。こうした点を他社と比較した結果、「マルチリンガルカート」を選びました。

Q. システムの特長のほかに判断基準となったことがあれば教えてください。

先に話したように、私たちは地元の方々をターゲットにしています。そこで日本語を話せる香港出身者を社員として採用し、香港人に響くアプローチ法を模索してきました。お客さまに食を通して“感動という価値”を伝えるには、日本語を広東語に置き換えたという額面通りの翻訳では対応しきれない面があります。

だからこそ適材適所が大事。いかにシズル感を伝えるのかといったマーケティング部分は弊社で集中的に行いながら、サービスの根幹となるサイトの構築・運営は信頼できるアウトソーシング先に依頼したかった。マルチリンガルカートさんなら単にシステムを提供してもらうだけでなく、一緒にサービスを向上させていけると判断しました。

Q. サービスを利用した率直な感想をお聞かせください。

香港には「Oisix香港」のようなオンラインで生鮮品を買うという文化がありません。日本であれば9割以上のお客さまが毎週のようにご購入されるのに、香港はほぼ単発で、日常的にサービスをご利用いただくということへのハードルは今も高いです。つまり私たちのプロジェクトは香港で新しい文化を創出することでもあります。

企業として、先の読めないプロジェクトに最初から大きな投資は難しい。しかし「マルチリンガルカート」で導入コストが削減できたし、プロジェクトが形になっていく過程でシステムを徐々に改善していけた点が非常に良かったと感じています。

Q. 「マルチリンガルカート」に改善点はあるでしょうか。

実際にサイトがオープンしてから今日まで運営上の問題はなかったのですが、今後の課題として挙げるなら通貨の問題でしょう。「Oisix香港」のように現地の方がメインターゲットというサイトを運営している以上、利便性を考えれば自国通貨の為替レートで購入できるのがベストです。もちろんサイト上で香港ドルの販売価格を確認はできますが、円ベースで価格が決まるので日々変動します。世界経済が激変する中、円安が香港のお客さまにとってプラスに働くこともありますが、自国の為替レートで購入できるほうがお客さまの納得度も高いはずです。

Q. 今後はどのような展開を予定されていますか。

アジアを中心に富裕層が増えることが見込まれていますが、富裕層が増えれば、食に対する高い意識を持つ人も増えるでしょう。そうしたニーズに国内外問わず応えていくことが我々の使命ですし、香港に続く海外での展開も視野に入れています。

しかし、そうは言っても「Oisix香港」は途上の過程にあります。特にこの1年くらいは、マルチリンガルカートさんにわがままを言いながら、さまざまな会員向けサービスを導入してきました。おかげさまで、2013年3月期と2014年3月期の売上を比較すると約4倍に成長させることができましたが、結果を出せている時だからこそもっとサービスを向上させたい。さらに改善していくので、引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきました。

ACDが展開している越境ECの利用企業インタビューを紹介しました。

今回は、オイシックスのインタビューです。

オイシックスでは、越境ECを利用することで、プロジェクトの進み具合に合わせて相談しながら徐々にサイトを改善していけたのだそうです。

オイシックスの様な有名な企業も利用しているのでプロジェクトにも期待できそうですね。

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!

 

元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!スワップに関するお知らせを発表!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!スワップに関するお知らせを発表!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

 

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain

 

ACDホームページ

https://acd-coin.hk

ホワイトペーパー
https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳細はこちら

http://quanta-token.hatenablog.com/entry/ACD/20190115

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

f:id:while8f_tornado:20190115105735j:plain

仮想通貨「ACDコイン」スワップに関するお知らせ

ACDという名のトークンが3種類存在いたしますので、下記のように呼称いたします。

・ACDコイン:下記3種類のコイン全てを含めたコインの総称

① 旧ACD:プレセールにて販売されたACDトーク

② 新ACD:第一回のスワップにて交換されたACDトーク

③ ACD(BCH):今回のスワップで交換されるBCHプラットフォームのACDトーク

BCHプラットフォームへの移行に伴い、ACDコインのスワップが再度実施されます。スワップの手続きにつきましては下記の通りです。

1.Coinsuper内で新ACDを保有している方コインスーパー内で自動交換されます。Coinsuperにて3/12 12:00~ACDコインの引き出し、預け入れができなくなります。また、Coinsuper内でのスワップが完了後、新ACDをCoinsuperに送ることができなくなります。※スワップ完了後にお手持ちの新ACDコインをCoinsuperに送ると、Walletに反映されず、返却対応も受けられなくなりますのでご注意ください。
詳細のスケジュールなどはコインスーパーのサイトも合わせてご確認ください。https://coinsuper.com

2.MyEtherWalletで新ACDを保有している方BCHプラットフォーム用のWalletをご用意ください。そちらにACD(BCH)をお送りいたします。
Walletの作成方法は下記のマニュアルをご参照ください。

https://acd-coin.com/news/manual/bchwallet/badger_manual.pdf

Walletの作成が完了いたしましたら下記のフォームより、ご自身の情報をご記入ください。

https://business.form-mailer.jp/lp/389c18df100806
お持ちの新ACDを下記のアドレスに送付してください。新ACDの返却が確認できましたら、ACD(BCH)を配布させていただきます。

0x6D956b074e16DE1b5D943b7333c2eEed92BCe004

まだお手元に旧ACDをお持ちのお客様は別のお手続きとなりますので、下記の宛先までご連絡をお願い致します。

support@acd-coin.com

再度のスワップとなりホルダーの皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、今後のACDコインの発展のために必要なアップデートとなりますので、ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

スワップに関するお問い合わせ先】

クリプトスクエア株式会社

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル704-BE-

mail:support@acd-coin.com

 

 

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:while8f_tornado:20190115110036j:plain

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきました。

前回紹介したBCHプラットフォームへの移行開発が完了したことの詳細になります。

ACDには、旧ACD、新ACD、ACD(BCH)、という名の3種類のトークンが存在し、これら全てを含めたコインの総称を ACDコインというそうです。

また、BCHプラットフォームへの移行に伴い、ACDコインのスワップが再度実施されたそうです。

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!

元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!BCHプラットフォームへの移行開発が完了を発表!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!BCHプラットフォームへの移行開発が完了を発表!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

 

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain

ACDホームページ

https://acd-coin.hk

ホワイトペーパー
https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳細はこちら

http://quanta-token.hatenablog.com/entry/ACD/20190115

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

f:id:while8f_tornado:20190115105735j:plain

仮想通貨「ACDコイン」BCHプラットフォームへの移行開発が完了

ANAホールディングスが出資する株式会社ACD(本社:東京都江東区、代表:園田康博)は、ACDコインのBCHプラットフォームへの移行開発が完了したことを発表した。

ACDコインはBCHプラットフォームとなったことにより、Bitcoin.comウォレットの利用が可能となり、実店舗での決済に向けて大きく前進した。

利用可能な店舗に関しては随時特設サイトにて発表される。

 

venturetimes.jp

 

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:while8f_tornado:20190115110036j:plain

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきました。

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」のBCHプラットフォームへの移行開発が完了したことを発表しました。

『ACDコイン』は、BCHプラットフォームとなったことによりBitcoin.comウォレットの利用が可能となり実店舗での決済に向けて大きく前進したとのことです。

利用可能な店舗に関しては随時特設サイトにて発表されるそうなので楽しみにしておきましょう!

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!

元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!TOBの受賞者リストを公開!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!TOBの受賞者リストを公開!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain

ACDホームページ

https://acd-coin.hk

ホワイトペーパー
https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳細はこちら

http://quanta-token.hatenablog.com/entry/ACD/20190115

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

f:id:while8f_tornado:20190115105735j:plain

ACDコイン、TOBの受賞者リストを公開

ANAホールディングスが出資する株式会社ACD(本社:東京都江東区、代表:園田康博)は、2019年2月7日より募集が開始されていたTOBの受賞者リストを公開したことを発表した。

TOBの受賞者は70人おり、1,924,346ACDの公開買付けが近々行われる。

なお、TOBの申し込みが成功した候補者にのみEメールが送信される。

アプリケーション詳細
応募総数:171
ACDコインの量:25,363,265(目標額は1,925,285 ACD)
倍率:13.17

以下ACD公式サイトより引用

We released the list of winners of TOB.
There are the 70 winners people, the tender offer of 1,924,346ACD will be carried out soon.

We will only Email successful candidates.

Application Details.
Total application : 171
Amount of ACD coin :25,363,265 (Target amount is 1,925,285 ACD)
magnification : 13.17

 

venturetimes.jp

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:while8f_tornado:20190115110036j:plain

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきました。

2019年2月7日より募集が開始されていたTOBの受賞者リストを公開しました。

TOBの受賞者は70人おり、1,924,346ACDの公開買付けが近々行われるそうで、TOBの申し込みが成功した候補者にのみEメールが送信されるそうなので楽しみにしておきましょう。

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!

元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20190115105735j:plain

ACDホームページ

https://acd-coin.hk

ホワイトペーパー
https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳細はこちら

http://quanta-token.hatenablog.com/entry/ACD/20190115

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain

ACDコイン、友好的なTOB受入決定を発表

ANAホールディングスが出資する株式会社ACD(本社:東京都江東区、代表:園田康博)は、ANA CARGO DIRECT事業の韓国におけるEC及び決済に関わる現地ビジネスマーケティングパートナーとして提携を予定している韓国法人ASIAN CONSULTING GROUP(本社:韓国ソウル、代表:KIM TAE WOO)から、今後の日韓双方向で展開を予定するANA CARGO DIRECT事業並びに暗号通貨決済ビジネスでの協業および更なる強固な提携関係構築のため、ACD COINの公開買い付けによる大量取得の意思表示を受け、友好的TOBとして当意思表示の受け入れを承諾したことを発表した。

すでにACDとASIAN CONSULTING GROUP社とでは、韓国でのANA CARGO DIRECT事業の推進及び世界各国のVIP用医療施設KOREA MEDICAL PARKにおいて、ACD COINにて医療費の決済を行う為の提携も合意しており、今後の韓国におけるEC並びに決済サービス事業の拡大を目指していく。

TOB詳細>
◆実施企業:ASIAN CONSULTING GROUP   https://consult.co.kr/
◆公開買い付け価格:0.00014000BTC
◆第一回買い付け総額:269.54BTC
◆第一回買い付け枚数:1925285ACD
◆応募多数の場合は抽選により決定

【ASIAN CONSULTING GROUPの概要】
社名:ASIAN CONSULTING CORPORATION
設立日:1984年02月09日
所在地:♯620. AcetechCity2cha.13gil-25, Sunyu-ro,Youngdeungpo-ku,Seoul,Korea.
代表者:Chairman KIM TAE WOO

 

venturetimes.jp

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:while8f_tornado:20190115110036j:plain

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきました。

ACDは、ANA CARGO DIRECT事業の韓国におけるEC及び決済に関わる現地ビジネスマーケティングパートナーとして提携を予定している韓国法人ASIAN CONSULTING GROUPから、今後の日韓双方向で展開を予定するANA CARGO DIRECT事業並びに暗号通貨決済ビジネスでの協業および更なる強固な提携関係構築のため、ACD COINの公開買い付けによる大量取得の意思表示を受け、友好的TOBとして当意思表示の受け入れを承諾したそうです。

今後の韓国におけるEC並びに決済サービス事業の拡大を目指していくとのことです。

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!

元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20190115110036j:plain

ACDホームページ

https://acd-coin.hk

ホワイトペーパー
https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳細はこちら

http://quanta-token.hatenablog.com/entry/ACD/20190115

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

f:id:while8f_tornado:20190228121855j:plain

短期ロードマップをBitcoin.comと共同で発表

ANA ホールディング株式会社が出資する株式会社 ACD(代表取締役社長:園田康博。以下「ACD」)と Bitcoin.com( 代表取締役社長:ロジャー・バー、以下「 Bitcoin.com」)は、ACD の発行する ACD コインのビットコインキャッシュベースプラットフォーム移行に伴う ACD コインの価値向上のための総合的な戦略事項について、2019 年 1 月 19 日にそれにかかる MOU(Memorandum Of Understanding)を締結いたしました。
この合意は、ACD と Bitcoin.com が推進する ACD コインのビットコインキャッシュプラットフォームへのスワップ開発の短期完了を見据え、実質的な事業開始までに両社の提携強化および開発支援を通して ACD が実施する ACD コイン活動のサポートを目指すものであります。
ACD と Bitcoin.com は、今回の合意に伴い ACD コインの短期的な展開ロードマップを発表いたします。ロードマップに記載される各項目の具体的な実施時期などの詳細については、適宜開示していく予定です。
また、Bitcoin.com 代表のロジャー・バー氏は、今後 ACD コインを保有するとともに、ACD コインに対する全面的なサポートを行うことを表明しました。さらに、両社による ACD コインの未来志向的な取り組みについて、下記のロードマップに従い推進していくことを決定いたしました。
今後 ACD は、Bitcoin.com とともに、ACD コイン・ビットコインキャッシュのより具体的な利用用途を広めていくことで、ACD コインのさらなる利便性向上を目指していくものであります。

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきました。

ACDと Bitcoin.comは、ACD の発行する ACD コインのビットコインキャッシュベースプラットフォーム移行に伴う ACD コインの価値向上のための総合的な戦略事項について MOU締結したそうです。

ACD と Bitcoin.com が推進する ACD コインのビットコインキャッシュプラットフォームへのスワップ開発の短期完了を見据え、実質的な事業開始までに両社の提携強化および開発支援を通して ACD が実施する ACD コイン活動のサポートを目指すそうです。

また、ロードマップに記載される各項目の具体的な実施時期などの詳細については随時開示されるようです。

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!

 

元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!|仮想通貨の利点-仮想通貨の真実-

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:while8f_tornado:20190115110036j:plain

ACDホームページ

https://acd-coin.hk

ホワイトペーパー
https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳細はこちら

http://quanta-token.hatenablog.com/entry/ACD/20190115

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説!

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきます。

f:id:while8f_tornado:20190115105735j:plain

ACD、香港における龍豊集団とのコイン連携での提携

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、香港において展開しているドラッグストアチェーンの最大手、龍豊薬業(集團)有限公司(以下「龍豊集団」)と提携し、香港におけるドラッグストアチェーンの全店舗において、ACDが発行する暗号通貨(ユーティリティコイン)「ACDコイン」を店舗利用者に対し、店舗利便性の向上および店舗売上増大の一環として、2019年度初旬を目途に店舗における決済手段の一つとして利用できるよう順次導入を開始することについて合意いたしました。

龍豊集団は、香港における流通業と小売業を担っており、医薬品、健康および美容補助食品、スキンケア、パーソナルケア製品の流通および小売を行っており、2019年で設立27周年を迎えています。現在、龍豊集団は、新界地域に18店舗を出店しており、今後は香港に限らず、中国やマカオ市場への事業展開を積極的に進めています。

 またACDコインは、BCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、特に海外保有者向けにクロスボーディングサービスの利便性を高めるために開発された暗号通貨(ユーティリティコイン)です。

今後は、ドラッグストアチェーンを始めとし世界中のオフライン店舗とのインバウンドビジネスにおける相乗効果を最大限に高めるため、ACDコインを活用し、よりその利便性・利用率を高める方針です。
 以上の取り組みにより、ACDは龍豊集団との今後更なる連携強化を図り、香港でのACDコインの普及に努め、世界各国へ展開して参ります。

 

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」まとめ

f:id:while8f_tornado:20190115105744j:plain

今回は、元国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」の最新情報を解説していきました。

龍豊集団と提携し、香港におけるドラッグストアチェーンの全店舗において、「ACDコイン」を2019年度初旬を目途に店舗にて決済手段として利用できるよう順次導入を開始することについて合意し、今後は、ドラッグストアチェーンを始めとした世界中のオフライン店舗とのインバウンドビジネスにおける相乗効果を最大限に高めるため、ACDコインを活用し、よりその利便性・利用率を高める方針だそうです。

国務大臣などが参画する仮想通貨「ACDコイン」に今後も注目しておきましょう!