Bitcoin(ビットコイン)の始まりと次世代の暗号通貨Quanta(クオンタ)

Bitcoinビットコイン)の始まりと次世代の暗号通貨Quanta(クオンタ)

f:id:while8f_tornado:20171220172321j:plain

世間にも名が広まりつつある暗号通貨ですが、今回はその始まりであるBitcoinについて調べてみました。

最初に暗号通貨(仮想通貨)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨です。代替通貨のひとつであり、特にデジタル通貨の一つでもあります。

2009年にはBitcoinビットコイン)が初めての分散化された暗号通貨として登場しました。

Bitcoinは2008年に中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に論文を公表し、それを見た世界中のプログラマーハッカーたちが、興味を示しました。

そして彼らのしたことは、次々にそれを書き換えいく、といったことでした。

 

それからわずか3カ月後、

 

2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、公開されました。

 

その結果、現在流通しているビットコインは当初のプログラムから90%以上変わり、世界中のプログラム技術が集約された結果、現在ではほぼ別ものになっています。

開発者や、この時からビットコインを所有している人たちは、膨大な価値を持ったビットコインを所有していると言われています。

 

ちなみにナカモトサトシという方の正体は明らかになっていません。