Quanta(クオンタ)上場まで棒読みか!?

Quanta(クオンタ)上々まで棒読みか!?

f:id:while8f_tornado:20180301000634j:plain

大注目されているQuanta(クオンタ)ですが、プレセール終了から早1年が経過しました。

ネットではいろいろな噂が飛び交っていますがその真相はいかがでしょうか?

真意は誰にも分らないのでQuantaプロジェクトの最近の動きから見てみましょう!

 

Quanta(クオンタ)プロジェクトのプレセール完了から現在まで!

2017年3月29日にプレセールが終了したQuantaプロジェクトですが、上場のスケジュールが2度3度変更となっています。

どの仮想通貨でも何度かの上場延期はありますがQuantaは少し多い気がするというのがネットでの意見です。

しかし、急いで上場を進めている仮想通貨の多くは上場後にこけてしまう。というのが実状です。

私的な考えですが、他の通貨を反面教師にして上場後にユーザーへ不利益を起こさないために完璧な準備を進めているのではないでしょうか?

 

Quantaプロジェクトの参加イベント詳細

▼海外のイベント

1.2017年11月開催の『MGS Summit』

2.2017年12月開催の『World Gaming Expo 2017』

3.2018年2月初旬開催の『ICE Gaming 2018』

 

▼日本国内のイベント(セミナー)

1.2017年日本各地で開催された公式セミナー

2.2018年2月22日〜26日開催の公式ミートアップ

 

ここ最近で日本国内で開催されたミートアップにはQuantaプロジェクトのテクニカルオフィサーであるKostantions氏やChief Regulatory Officer(最高規制責任者)のAdam氏が直接来日しました。

3月には、欧州、米国、アフリカ、アジア各国で実施を予定。

 

私は予定が入っていたため参加をすることが出来ませんでしたが、ミートアップについて詳細がでたらすぐに記事で皆さんにお知らせします。

 

Adam氏が直接動いていることも考えるとQuantaの上場は秒読みに見えますね!

近々の上場を心待ちに待ちましょう