気になるICO「Jupiter(ジュピター)」とは?特徴などを紹介!|仮想通貨の利点

気になるICO「Jupiter(ジュピター)」とは?特徴などを紹介!|仮想通貨の利点

f:id:while8f_tornado:20180404191736j:plain

気になるICO「Jupiter(ジュピター)」とは?

ジュピター(Jupiter)は、 元国会議員がプロジェクトリーダーを務めるICOプロジェクトです。

2018/3/11にグランドオープンし、2018/5/7から一般ICOセールが開催されます。

 

今回は、ホワイトペーパーを参考して、Jupiter(ジュピター)のICOプロジェクト内容などを紹介していきたいと思います。

 

ジュピター(Jupiter)プロジェクトの目的
 

ジュピターのICOプロジェクト目的は、今トレンドのAI(人工知能)を活用して、「ブロックチェーン×セキュリティ」を組み合わせ、そのフレームワーク開発を実施し世界に提供・普及させていくことだそうです。

 要約すると、ジュピターのプロジェクトとは、「サイバーテロ」「内部からの情報漏洩」「ハッキング」など、現代の「情報化社会」で最も重要である、「秘匿性が高い情報を守る役目」「企業・国家の信用を守ること」などを目的としたサイバーセキュリティサービスを展開していくことです。

ジュピターのプロジェクトは、年々増加傾向の情報セキュリティ産業において、独自ブロックチェーンを開発し、高品質のセキュリティサービスを提供します。

 そのセキュリティ市場で支払われる決済・通貨をジュピター(Jupiter)コインで支払うことで、市場にジュピターコインが流通し、価格の安定・時価総額の向上をしていく事ができるようになります。

  

Jupiter(ジュピター)プロジェクトメンバー

ジュピタープロジェクトリーダーは、元衆議院議員の「松田学」さんです。

f:id:while8f_tornado:20180404191751j:plain

プロフィール 

松田学

サイバーセキュリティの第一人者
東京大学大学院の客員教授
財務省官僚
 

目的である「ブロックチェーン(仮想通貨)×セキュリティ」の分野に適した人材です。

 

Jupiter(ジュピター)の市場規模
 

ジュピタープロジェクトが参入するサイバーセキュリティー市場は、費用が年間9兆円以上かけられる非常に大きな市場です。


不正などが横行する現代社会で、ブロックチェーンの技術が普及することで、世界の市場はより透明性が高くなり、人間の不正防止や抑制に効果が出てきます。これにより安全で健全な事業運営・国家戦略を実行出来るという事です。

 

Jupiter(ジュピター)が目指すビジョン

 

ホワイトペーパーでは、今後のサイバーセキュリティ分野には「産学連携」が重要だと記載されています。

 要するに、技術的に優れたサービスを研究・開発・提供しようが、次世代に引き継がれていかないと継続性がないです。

そこでジュピターのICOプロジェクトは、「民間企業、NPO団体などの商業的活動をするコミュニティ」「大学や専門学校の教育機関」「国や地方公共団体」官民が一体となり情報を共有することで、「新しい知識・アイデアの創造」「優秀な技術者の育成・輩出」などが可能となり、サイバーセキュリティの知的資産継承を行うことで、サイバー空間における「安全な日本の国家を形成することが可能」という目的・ビジョンがあります。

  

気になるICO「Jupiter(ジュピター)」まとめ
 

日本では最近、Iotコンテンツが流行になっていますが、IT革命により世の中が便利になればなるほど、サイバー空間・web空間でのリスクは高くなっています。 

 

ジュピターはICOプロジェクトの中では珍しくAI(人工知能)を使った「ブロックチェーン×セキュリティ」という分野なので競争力はまだまだ高くないのでジュピターのプロジェクトが社会に必要なサービスを提供できれば、爆発的なICOになるかもしれません。

今後注目すべきICOの一つだと思います。